So-net無料ブログ作成

女と男の観覧車 [映画]

2ba4306db66715a3 (1).jpg

■2018/7/5鑑賞@109シネマズ川崎。今年58本目の洋画32本目。

■齢82歳のウディ・アレン監督の作品は、近年は年一ペースになってきたが必ず観る。特に昨年公開の『カフェ・ソサエティ』は最近の監督作の中でも素晴らしく良かった。で期待して観た訳なんですが。

■コニーアイランドの遊園地に併設されるレストランで働く主人公のジニー(ケイト・ウィンストレット)は、現夫のハンプティ(ジム・ベルーシ)とハンプティの連れ子のリッチー(ジャック・ゴア)と暮らしていた。不満を持ちながらも生活していたジニーに転機が訪れる。ハンプティの前妻の娘で、グレ筋の男と結婚して縁を切られたはずのキャロライナ(ジュノー・テンプル)が舞い戻ってきたこと、そしてライフガードのミッキー・ルービン(ジャスティン・ティンバーレイク)と出会ったことから人生の歯車は狂い始める。

■最近のアレン監督の作品は凄かったのだけど、この映画には同意しかねる。ま、舞台がアレン監督が20代を過ごした50年代、あと若い人は知らんけど郷愁を誘うのは遊園地が舞台だとかね。

■アレン監督作はなんでもまあまあブラックなんだけど、この作品に関しては救いがない。何で救いがないかというネタバレは避けますが。

■まあでもこれからもご健在で、一本でも多く映画を撮っていただきたいです。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

パンク侍、斬られて候 [映画]

ab167f947e458de6 (1).jpg

■2018/7/1鑑賞@109シネマズ川崎。今年57本目の邦画26本目。

■原作は町田康の同名小説。未読。知ってる人は知ってると思うけど、パンクバンド『INU』のボーカリストで、その後作家に転身し芥川賞受賞。音楽も小説もあまり興味がなかったのでまあまあスルー。が、石井岳龍監督でクドカン脚本、そして綾野剛主演となれば観ないわけには行かないではないか。

■江戸時代の浪人・掛十之進(綾野剛)はとある藩で物乞いを斬りつけ、「藩の災いになる」とその場を去る。実は十之進の猟官活動に過ぎず、斬られた男は濡れ衣だったが、十之進はそれをきっかけに藩に食い込む。それからとんでもない話が展開していく。

■面白かったですよ。綾野剛はこういう変な人の役が絶対に合う。共演の北川景子、染谷将太、またバカ役の東出昌大などなど、適材適所のキャスティング。

■でもまあ、ちょっと狙いすぎたかな感もある。詳細は省くけど開始10分で、十之進が誰に斬られるのかがもろネタバレだし。評価としては微妙。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー [映画]

748ff6f2badd93fc (1).jpg

■2018/7/1鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年56本目の洋画31本目。

■SWファンじゃない人でこの映画を観る人はかなり限られると思うけど、ざっくり言うとハン・ソロがルークたちと出会う前の若き日の冒険譚。配給がディズニーになってからのスピンオフ第二弾です。

■若き日のハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)がいかにして盗賊となったかという前日談。結構面白かったしハラハラもした。問題は主演のオールデン・エアエンライクが、ハリソン・フォードの若き日にあまり似てなかったところだけど、まあまあ許容範囲ではあったかな。

■初恋の相手キーラ(エミリア・クラーク)も美しかったし、ストーリーとしては今作で完結してないので是非続きを観たいところだが、日本公開前の全米での興収が芳しくなかったことで、SWシリーズのスピンオフは当面凍結だとか。

■日本ではファンが多いので、全米より遅れた公開ではなくて同時公開だったなら、少しはマシだったかも。まあでも、最近のSWシリーズの公開頻度の高さは、昔からのファンには抵抗があるかもね。新鮮さの意味で。

■個人的にはエピソード1の終盤で死んだはずのダース・モールが映像で出て来たのに違和感。今作は時間軸的にはエピソード3と4の間なのだ。まあでも、挽回による続編の制作を期待したい。

■最近ブログは休眠状態でしたが、何とか今後は頑張って書こうと思いますので、よしなにお願いします。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:映画