So-net無料ブログ作成

ジュラシック・ワールド 炎の王国 [映画]

06eb6332d7b255b5 (1).jpg

■2018/7/14鑑賞@チネチッタ。2018年61本目の洋画35本目。

■前作『ジュラシック・ワールド』から3年後の設定。閉鎖された「ジュラシック・ワールド」の中で異変が起き、元管理人のオーウェン(クリス・プラット)が再び雇用され問題解決に活躍する話。

■あらすじが雑ですいません。しかし製作総指揮のスピルバーグの執念と言っていいのかはアレだが、確かに映像に迫力はあったので、多少お金は掛かってもMX4D(もしくは4DX)で観るのが吉。テーマパークでアトラクションを体験してる気持ちになるのは受け合い。

■しかもエンディングで、これからもシリーズが続いていくのがあからさまな感じ。まあいいけど。楽しいし。MX4D系の上映はこの辺に舵を切るほうがいいんだろうね。地元でよく行く店主のお姉さんも、MX4Dで観るのにこだわってたし。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント