So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

レッド・スパロー [映画]

d295537d1013e877 (1).jpg

■2018/4/1鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年24本目の洋画15本目。やっと4月に来た。

■最近アメリカの女優さんが肉体派でアクションをやる映画が多いけど、今作もその一環。主演は『世界でひとつのプレイブック』でオスカーの主演女優賞を獲ったジェニファー・ローレンス。いい女優さんだと思うがムチムチ過ぎる。日本人の貧弱な男のわたくしとしてはね。

■ロシアのトップバレリーナのドミニカ(ジェニファー・ローレンス)は競技中の怪我で現役を続けられなくなる。療養中の母を抱える身としては金銭的にきついので、仕方なく諜報機関に勤める叔父の導きで養成機関に入り、自らの肉体をも駆使する女スパイ「レッド・スパロー」に成長する。

■しかし最初の任務は、CIAの潜入捜査官ナッシュ(ジョルジュ・エドガートン)に接近して情報を引き出すことだった。図らずもドミニカとナッシュは恋におちてしまうが。

■もちろん結末は書きませんが、騙しに次ぐ騙しでとても面白かった。予測できない感じで。でもなあ、ジェニファー・ローレンスはもうちょっと細いほうがいいと思うけどね。あ、個人的な好みです。

■遅筆で大変申し訳ありません。なので現時点での上映館はありませんが、6月にはパッケージがリリースされレンタルも始まるそうで。最近早いな。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント