So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2017年、面白かった映画 [映画]

rs-jishu-01 (1).jpg

■2017年に観た映画は112本。複数回観たのも含めると計120本で、2016年の累計160本と比較すると25%減。でありながら全作の感想と総括を2016年中にアップしていたのと異なり、現在これを書いているのは2018/01/30と、1月終わるまであと1日。2018年はなるべくそうならないようにしたいが、現時点でもう1ヶ月の遅れ。自分が思うほど期待はされていないのは重々承知の上だが、意地もあるので(何の)なるべく頑張ります。

■2016年は邦画が豊作だったのと比較し、2017年は洋画が豊作だったと思う。なので洋画は10本にして、邦画は5本にした。そもそも昨年は邦画は40本ちょいしか観てないので、その中で10本はおこがましい。個々の内容はリンク参照。

■では洋画から。
『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』
『ラ・ラ・ランド』
『T2 トレインスポッティング』
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
『ベイビー・ドライバー』
『パターソン』
『ダンケルク』
『ドリーム』
『ブレードランナー 2049』
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

■『ブレードランナー』『スター・ウォーズ』、そして『トレインスポッティング』の続編は外せませんでした。あと『カフェ・ソサエティ』『沈黙ーサイレンスー』『ワンダーウーマン』とか、あと数本は入れたかったなあ。オレ的には洋画が豊作でした。

■そして邦画。
『愚行録』
・『3月のライオン 前篇後編
『三度目の殺人』
『彼女がその名を知らない鳥たち』
『花筐 HANAGATAMI』

■邦画は全般的にトーンの暗めな作品になってしまったが、致し方ない。『銀魂』『ジョジョの奇妙な冒険』とかの笑える作品も多かったんだけどね。でも邦画の一推しは大晦日に観た『花筐』かな。

■そしてこれは洋画邦画問わずなんだけど、2017年に心を動かされた映画は、その大部分が作り手の熱量を感じさせるものだった。ここで選んだ作品も、選んでない作品も含めて。これは「雑な作りだけど熱量を感じられるからいい」という話では決してない。作り手の熱量を感じさせるには、技術の裏打ちが必要不可欠。凄く当たり前の事を言ってるけど。ただ『スター・ウォーズ』シリーズのように、予算とそれがもたらす経済効果が膨大だと、そこまで感じさせるのは難しい、というところは正直あるけどね。

■今年もなるべく頑張りますので、懲りずにお付き合い頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 2

non_0101

こんにちは。
『T2 トレインスポッティング』、『愚行録』、『花筐 HANAGATAMI』の3本が未見です。
中でも『愚行録』は気になっているのに観ることが出来ず…
いつかチャレンジしてみたいです☆
by non_0101 (2018-02-12 14:40) 

sochi

non_0101さん、亀レスすいません。

『T2』は一作目を観られたなら是非。『愚行録』はメイン俳優のアレでパッケージ化が危惧されたが大丈夫のようで。
『花筐』はスクリーンで観てほしいなあ。
by sochi (2018-02-22 05:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント