So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

パーティで女の子に話しかけるには [映画]

c4d3200c992bd5e1.jpg

■2017/12/9鑑賞@チネチッタ。今年105本目の洋画66本目。

■いかにもボーイ・ミーツ・ガールのような甘酸っぱいタイトル。これは半分映画の内容を示しているようで半分はそうでもない。なお、邦題は原題の直訳に近い。日本語で変にこねくり回した別の邦題がついていたなら、オレはたぶん発狂していただろう。

■1977年のロンドン郊外。パンク好きだが冴えない少年エン(アレックス・シャープ)は仲間二人と、出会いを求めてパンク関係のパーティに潜り込む。しかしどうも様子がおかしい。そこでエンはザジ(エル・ファニング)という少女と出会い、パンクやファンションの話で仲良くなる。しかし実は。そこはパンク・パーティではなくて宇宙人の集会だった。ザジも同じ宇宙人で、48時間以内にここから去らなければならない。出会ったばかりの二人の冒険が始まる。

■簡単に言うとSFだけど、色々奇妙な上に、主人公が77年のロンドンの少年ということは観客のオレとほぼ同世代。ピストルズやラモーンズが大音量で流れていた時代。あ、四国の田舎ではそんなに音量は大きくなかったけど。エル・ファニングがポスターで着ているツイードのジャケットなんて涙を禁じ得ない。

■そう、この映画で初めてオレはエル・ファニングの魅力に覚醒したのだ。『ネオン・デーモン』『20センチュリー・ウーマン』と観て、「この女優さんのどこがいいんだろう?」という疑いを持ったままだったけど、この映画での「ザジ」という役はエル・ファニングにしかできない。素晴らしい。そして甘酸っぱい結末も含めて、とてもチャーミングな映画。

■もともとの上映館が多くないこともあり、東京での上映は少なくなってきたけど、地方ではこの映画もこれからが本格公開。可能な人はぜひ観てください。ただし、趣味に合わなかったとしても補償はいたしかねます(笑)。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント