So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

彼女がその名を知らない鳥たち [映画]

5ea02d829dc231ba (1).jpg

■2017/11/4鑑賞@チネチッタ。今年98本目の邦画38本目。

■今作の白石和彌監督の作品は大好き。最初に観た『凶悪』、そして昨年の『日本で一番悪い奴ら』など。観て幸せになる映画を作る監督ではないけど、絶望感を感じさせる監督としては日本で有数の方だと思います。

■この映画、このあいだ観た『ユリゴコロ』と、原作者沼田まほかるさんの同名小説(未読)という点で同じ。松坂桃李が出演しているというのも共通点。映画の出来もイマイチだったし、原作小説のシノプシスにまったくのめり込めなかったので、どんなもんかなと思って若干腰が引けた状態で観た。

■十和子(蒼井優)は16歳上の稼ぎも少なく不潔な男・陣治(阿部サダヲ)に、嫌悪感を持ちつつも同居して、実際彼の稼ぎに頼っている。だが5年前に別れた男・黒崎(竹野内豊)のことが忘れられない。時間を持て余しているがゆえに、百貨店にクレーマー行為を繰り返す十和子。この時点で観客の感情移入度はゼロに近くなるだろう。しかし、百貨店の担当者・水島(松坂桃李)とこの件を機に接近する。

■同時期に警察より、黒崎が行方不明という連絡が入る。十和子の日常を執拗に追い回す陣治に対して、十和子は陣治が黒崎の失踪に何か関わっているのかという疑いを抱くが。

■もちろんネタバレはしませんが、『ユリゴコロ』とある意味似てて、ああ、この沼田まほかるさんという人の小説は読みたくないなという思いを強くした。ところが、この映画、かなりな傑作なのでした。阿部サダヲが上手い俳優さんということは知っていたはずなのに、本当に唸らされた。蒼井優の芝居も凄い。松坂桃李は最近悪役での出番が多いが、結構ハマっていると思う。現在放送中の朝ドラ『わろてんか』の芝居は友人たちからは絶不評だけど(笑)。竹野内豊は、この映画に限ってはあまり存在感がなかったかも。

■やはり白石和彌監督の演出が最大の成功要因だろう。テーマが暗すぎてヒットとまでは行かなかったみたいなので、現時点での上映館はまたもほとんどありません。申し訳ございません。是非レンタルとかで。お薦めです。

■白石和彌監督は、来年も上映予定作が2作控えているので楽しみです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント