So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブレードランナー 2049 [映画]

4266f56fa9d707d4 (1).jpg

■2017/10/28鑑賞@109シネマズ川崎。IMAX/3Dで。今年93本目の洋画57本目。

■前作『ブレードランナー ファイナル・カット』(オリジナル・バージョンではない)を久々に劇場で観るという復習をしてからこの映画に赴きました。映画の中での時間軸は30年後、現実世界での公開の時間軸は35年後です。今どき54歳くらいで「長生き」と言うとまあまあ馬鹿にされますが、こんな時間を措いての再見は胸いっぱいで、長生きしてて良かった、という感じです。

■最初の作品の舞台は2019年。つまり上映している現在からたった2年後です。もちろん現在の世界ではまだ車は空中を走ってないし、ロサンゼルスは(かなり行ってないけど)ニュース映像を見る限りではあんなに猥雑な世界にはなっていない。そんな現実とのズレを感じながら観るのも一興かと。

■2049年のロサンゼルス。タイレル社は倒産し、法律は変わり年齢制限のない人造人間「レプリカント」の量産は可能になっていた。旧型のレプリカントを解任(処刑)するロス市警の「ブレードランナー」K(ライアン・ゴズリング)もレプリカント。上司や同僚の人間に蔑視されながら職務をこなす。彼が安らげるのはホログラフィーの恋人・ジョイ(アナ・デ・アルマス)との時間だけだった。

■捜査の途中、女性レプリカントが堕胎した子供と思われる骨が見つかり、「レプリカントに生殖機能はない」という定説が覆される。その子供はかつてのブレードランナー・デッカード(ハリソン・フォード)が30年前に連れて逃走したレプリカント・レイチェル(ショーン・ヤング:デジタルアーカイブ)のものだった。

■追いかけるKは時折蘇ってくる自らの記憶から、自分はレプリカントではなく人間ではないかと疑い始めるが。その時、廃墟と化したラスベガスでデッカードと出会う。

■公開されてから結構時間が経っているので、身近な映画ファンの友人からすでに感想は入っている。もちろん賛否両論。

■映像が凄い。IMAX/3Dで観たせいもあるのだろうが、映像は綺麗すぎるけど荒涼たる荒野が目の前に広がっている。観た知人は「前作にあったロサンゼルスの猥雑感が若干失われたのでは」と言っていたが、それはマイナスとしてもアメリカ内陸の荒涼たる荒野が広がっていたのに度肝を抜かれた。廃墟と化したラスベガスで流れるプレスリーの映像とかね。「猥雑から荒野へ」って感じでした。

■観る前は『エイリアン・コヴェナント』を自らの監督作に選び、今作は『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーブに監督を託したというのはどうかと思ったけど、結果正解。新たな映像表現の世界を切り開いて行ってくれたのではないかと思っている。

■最新のVFXで新たな映像世界を拓いた製作陣には敬意を表したい。この映画はIMAX/3Dで観るべきです。まあもう上映館が少ないので2Dでもいいですが。

■ブレードランナーで雪景を観れるとは思わなかった。いろんな驚きに満ちている。ただ。上映時間の2時間40分強はさすがに長過ぎる。気楽にリピートできない長さだからね。

■でも、数年後にDVDとかBDのパッケージで再度見直してみたい、という映画でした。ずっと心に残るような。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント