So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ワンダーウーマン [映画]

aad9c71c63314fb7 (1).jpg

■2017/9/2鑑賞@チネチッタ。今年72本目の洋画47本目。

■最初にマーベルが、各作品の世界観がクロスオーバーするMarvel Cinematic Universe(MCU)というシリーズを始めたが、DCもそれに追随してDC Extended Universe(DCEU)というシリーズを始めた。要は各作品を連携させて、シリーズを一本でも多く見てもらおうとする、セコいもといマーケティング性の高い戦略である。本作もDCEUのひとつ。

■DCEUの前々作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』からワンダーウーマンは登場する。アメコミを多少なりとも知ってる人ならば、ワンダーウーマンは有名なアイコンのひとつなので「誰?」ということはないとは思うが、なぜワンダーウーマンが戦いに参加したかという説明がほとんどないままだった。今作はそれの補完と、ワンダーウーマン誕生秘話とでもいう話。そういう意味では、MCUの『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『スパイダーマン ホームカミング』との関係に似てるかな。

■ただ最近のDCEUは、登場するヒーローたちがやたらに自分の存在意義について思い悩み、話全体が暗いのであまり好きではない(もちろんMCUにもそういう傾向はあるけど)。という話を初夏に映画好きの人たちの飲み会でしたら、とある先輩が「DCはその中二病っぽいところがいいんじゃないか」と。一理ある。けどあまり期待をしないでこの映画に臨んだ。

■女性だけの島で生まれ育ったアマゾン族の王女・ダイアナ(ガル・ガドット)は戦士になることを夢見ているが、母であるヒッポリタ女王は反対している。しかし能力を見抜いた叔母である将軍・アンティオペの指導のもとで、強く美しく成長する。

■ある時、海岸に戦闘機が不時着する。実はこの時代は第一次世界大戦下だった。パイロットのスティーブ(クリス・パイン)は連合国の兵士で、ドイツ軍にスパイとして潜入し、大量殺戮兵器の情報が書かれたノートを奪い逃走してきたところ。間もなくドイツ軍が急襲してきて、アマゾン族との戦いになる。ひとまず退けはしたものの、世界の現状にダイアナは驚き、首謀者は戦いの神・アレスと思ったダイアナは自らの手で悪を倒すべく、ワンダーウーマンとなりスティーブとともに島を出る。

■いやあ、ナメててすいませんでした。メチャクチャ面白いわ。まずガル・ガドットが強くて美しい。アクションシーンも物凄く迫力があるし、ストーリー展開も凄い。コミカルでもあり、謎解きのミステリもあり、チームビルディングの物語でもあり、そしてなんと愛の物語でもあるのだ。ネタバレはしませんが、オレなんか最後少し涙ぐんじゃったもの。それを重厚感のある映像美がきちんと支えている。

■とてもとてもお薦めです。DCEUなんか止めて、ワンダーウーマン単独で続編やって欲しい、と思ったらパート2は決まっているそうで。良かった。ただ2時間30分長と少し長いので、体調を整えてから映画館にお出かけくださいませ(ひ弱なオレ)。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント