So-net無料ブログ作成
検索選択

忍びの国 [映画]

DDphTY4U0AA78zV (1).jpg

■2017/7/1鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年53本目の邦画18本目。

■ちょっと気になったので観ることにした。原作は和田竜さんの同名小説。未読。しばらく前にオレの故郷である瀬戸内海を舞台にした『村上海賊の娘』がベストセラーになったことで知ってはいたけど。もともと脚本家として世に出た方らしい。

■実話ベースらしい。史実としては「天正伊賀の乱」がそれに当たるようで、大名のいない忍びだけの里、伊賀と織田軍の戦いの話。

■天才的な技術を誇り、自称「伊賀一の忍び」の無門(大野智)。しかしサボり癖があり日銭を稼ぐので精一杯。大言壮語を吐き他国から連れてきた嫁・お国(石原さとみ)には頭が上がらない。そんな中、伊賀の中の小競り合いで金で頼まれた無門は、相手方の棟梁・下山甲斐(でんでん)の次男・次郎兵衛(満島真之介)を殺してしまう。長男の平兵衛(鈴木亮平)は憤り、父に敵を討たせてくれと頼むが、「長男がいればそれでいい」と取り合わない。

■実は伊賀の里は、金のためなら裏切りや人の命など大したことではない、という「虎狼の族」という人でなしの集団だった。平兵衛は怒り里を出る。そこに全国統一を狙う織田信長の息子・信雄(知念侑李)が率いる織田軍が隣国までやって来て伊賀を狙う。平兵衛の内通で織田軍は攻め入ろうとするが、戦をしたくない無門はお国を連れて逃げようとする。

■飄々とした大野智の演技中心の予告編でコメディかと騙されていたが、結構ダークな時代劇である。特に前半は笑える部分満載でもあるので、ミスリードとは言い切れない。あと、VFX使いまくりではあるけどアクション(殺陣)も結構飽きさせない。大友啓史監督の『るろうに剣心』シリーズとはまた違った、リアリティよりも娯楽性重視という殺陣かな。

■観た日が公開初日だったので、最近流行りの舞台挨拶中継が上映前にあった。その中で鈴木亮平が「普通の殺陣は相手の攻めを受けてから返すのですが、大野くんの場合、僕の攻めとか関係なしに一連の殺陣がダンスの振付みたいなんですよね」という話が。その後本編観てもそう思った。面白かったけど良くも悪くもジャニーズと言うことか。

■結構面白かったし、実際公開後の興収ランキングも2位→3位なんでヒットと言っていいと思います。上には書いてないけど織田軍の武将役の伊勢谷友介も良かったし。ただ、織田信雄役の知念侑李の演技がとてもイマイチでそこはかなりマイナスでした。ジャニーズ事務所も、あまり資質のない若手には無理して芝居させない方がいいんじゃないかと思うけどね。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

夜に生きる [映画]

e624df5cabf6ba82 (1).jpg

■2017/6/11鑑賞@チネチッタ。今年52本目の洋画35本目。

■ベン・アフレック、監督作としては『アルゴ』以来の作品。ポスターには「アカデミー賞監督」って書いてあるけど、厳密に言うと『アルゴ』は作品賞で、ベン・アフレックが監督賞を獲った訳ではない。まあいつも作品賞と監督賞の違いにはモヤモヤするけどね。2017年の『ラ・ラ・ランド』然り。ちなみにベン・アフレック自身は個人としては、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(マット・デイモンとの連名)でアカデミー脚本賞を受賞しております。弟のケイシー・アフレックも『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー主演男優賞を獲ってるし、才能あふれる一家なんだろうなあ。

■さてさて、最近は加齢か役作りか分からないけどかなり恰幅が良くなってきたベン・アフレック先生。バットマンなんて、前任のクリスチャン・ベイルの方が全然スレンダーだったよ。そのせいかどうか、前回観た『ザ・コンサルタント』に続き今回もアウトローの役。オレもベン・アフレック好きだよねえ。

■クライムノベルが原作の映画。禁酒法時代のボストンの話だから昔の話。警察幹部の父の許に生まれたジョー(ベン・アフレック)は父に反発してギャングになる。ある時対立組織のボスの情婦・エマ(シエナ・ミラー)と恋に落ちジョーの人生は大きく変わる。ジョーは罠にはまり逮捕されるが、出所後、別の組織から認められて、麻薬の販路開拓のためフロリダ・タンバに移る。そこで運命の女性・グラシアス(ゾーイ・サルダナ)と出会うが。

■とにかく話のテンポがいいので飽きさせない。製作費も結構掛かってるんだろうな。クラシックカーのカーチェイスなんて初めて観たよ。さすがにぶっ壊してはなかったけど。もちろんネタバレはしませんが、クライム・サスペンスの映画なので最後まで二転三転して、かなりハラハラした。

■面白かったです。この映画も、もう上映終わってると思うので大変申し訳ございません。でもやはり、ベン・アフレックは監督としての才能はあると思うので、しばらく俳優業は休業して監督に専念されたらいい作品が出てくるのではと。たまに『DC・エクステンデッド・ユニバース』のシリーズにバットマンとして出て一息つくとかね。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

20センチュリー・ウーマン [映画]

32f5c5d659e33cf8 (1).jpg

■2017/6/11鑑賞@109シネマズ川崎。今年51本目の洋画34本目。

■最初にヨタ話を。オレがこのブログを書いている最大の目的は、衰えつつある自分の記憶の補完です。どんないい映画を観てもメモがなければ、ほぼ自分の記憶は残念ながら薄れていく。画像もそうですね。昔はスマホもデジカメももちろんなかったので、写真を残すには今よりもハードルは高かったんだけど、高校生の時には親に買ってもらったフィルムカメラを持っていた。でも20代くらいまでのオレは、「写真に撮らなくても本当に大事な画像は心のファインダーに残るはずだ!」というアホみたいな思い込みがあってあまり写真を撮らなかった。でもね、「心のファインダー」なんてフォルダはあっという間に壊れるんですよ、と今なら若いオレを説教したい。

■二つ目の目的は、自分が観て面白かった映画を人に薦めたく、感動を共有したいから(いや、ボロクソに書いてる映画も結構ありますが)。だからなるたけ映画を観たら感想を早めにアップするようにしていたのだけど、最近は諸般の事情でかなり遅く、この映画なんて書いてる現在では上映館がほぼない。しかも公開ちょっと後なのでDVDとかで見てとも言えない最悪のタイミングです。全然目的に合ってない。

■閑話休題。1979年のアメリカ・サンタバーバラ。高齢出産をしたシングルマザーのバーシア(アネット・ベニング)は15歳の一人息子・ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育方針に困っていた。バーシアの家に寄宿するパンクな写真家・アビー(グレタ・ガーヴィグ)、便利屋のウィリアム(ビリー・クダラップ)、そしてジェイミーの幼馴染で、ジェイミーが密かに心を寄せているジュリー(エル・ファニング)の助けを請う。主に彼らをめぐるひと夏の物語。

■主人公のバーシアの年齢は55歳で、今のオレの年齢と似通っている。そしてオレは1963年生まれなので、ジェイミーの年齢設定とほぼ同世代だ。あまり予備知識を持たずに観に行ったので、冒頭でそれが分かった時点で「これはのめり込むかも」と思ったのだが、結果的にそうでもなかった。考えてみたら当たり前の話で、同じ1979年と言えど、サンタバーバラと日本の四国のど田舎では環境が違い過ぎる。

■なので、あまりのめり込んで観ることはできなかったが、時間を置いて再見したい気も。これ書いてる時点で映画館での上映はほとんど終わってしまったので、いずれレンタルででも。上手く言えないが、親しみは感じられなくても「たまに親戚の寄り合いとかで会う、あまり気が合わない従兄弟」くらいの微妙な親近感がある。

■劇中で繰り返し流れる『As Time Goes By』の支配力も凄いものがある。というより、オレの脳内で『カサブランカ』の支配力がいまだに強いということなのかも。

■ハマる人はハマる映画かなとも思うので、機会があればぜひ。もう映画館でやってなくてすいません。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

パトリオット・デイ [映画]

640 (1).jpg

■2017/6/10鑑賞@チネチッタ。今年50本目の洋画33本目。

■実話ベース。2013年のボストンマラソンで起こったテロ事件で、たまたま警備に当たっていた本来は殺人課の刑事・トミー(マーク・ウォールバーグ)と、FBIを始めとする警察関係者が事件の謎を解き明かし、解決に至るまでを描写している。

ドキュメンタリーのような描写で、話は淡々と進む。特別な仕掛けもトリックもない。この映画の場合、それはたぶん正解なんだろう。役者陣も熱量があまり入り過ぎないという感じの好演。かなり制作費もかかってるようだしね。でもまあ、日本ではあまり当たらなかったみたい(ほぼ1ヶ月後に書いているのですいませんすいません)。

■ひとつには日本での宣伝コピーのミスリード。「最大の危機は、最大の奇跡を生むー」。映画を観てもらえば分かるけど、犯人逮捕に至るまでの過程で奇跡は起きてない。担当の捜査官たちの地道な捜査が結果に繋がっただけだ。

■そして、どんなに周到に法律等で準備していても、テロは絶対に防げないという悲しい現実。日本で共謀罪なるものが成立したところでテロが起きる確率が下がる訳でもなんでもない。もっと時間を掛けて根幹のところを掘っていくしかないという話。それでも解決できるかどうかは闇の中。

■あ、映画自体はまあまあ面白いです。スカッと、という訳には行かなかったけど。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

22年目の告白 -私が殺人犯です- [映画]

4ea66c595edab72b (1).jpg

■2017/6/10鑑賞@109シネマズ川崎。今年49本目の邦画17本目。

■オレがこの映画を観たのは公開初日で、ブログを書いてる現在は6/29とかなり後(すいません)なんだけど、正直ここまでヒットするとは思ってませんでした。鉄板の興収を誇った『美女と野獣』を破って興収成績堂々のV3である。主演の藤原竜也の熟女系受けの凄まじさは、昨年の藤原主演の『僕だけがいない街』の舞台挨拶を観ていたので痛感していたのだけど、まさか理由はそれだけではあるまい。ここまでのヒットは制作側も予期していなかったのではないか。

■オリジナルかと思ったら、2012年の韓国映画『殺人の告白』のリメイクらしい。未見。

■5人の連続殺人事件は時効を迎え(殺人事件に時効が廃止されたのはその後)、当時担当していた刑事・牧村(伊藤英明)は同居していた妹・里香(石橋杏奈)がその後行方不明ということもあり、忸怩たる思いを抱えていた。そこに真犯人と名乗る男・曾根崎(藤原竜也)が突如記者会見を行い、手記を出版するという。身内を殺された遺族たちは様々な反応を見せる。そこに、この事件を追うことで知名度をあげたTVキャスター・仙堂(仲村トオル)は曾根崎を生放送に呼び、真相を究明しようと目論むが。

■あらすじはここまで。サスペンスなのでトリックがあるのですが、これをネタバレすると映画の面白味が多分半減するので、さすがに書きません。面白かったんだけど、ネタバレの後はやや単調で若干失速気味。そこがちょっと残念だったかな。

■入江悠監督は、『SR サイタマノラッパー』シリーズで知名度を得た人。でも今作は持ち込み企画らしい。構成力とセンスが抜群にいいので『ジョーカー・ゲーム』のようにメジャー作品の頼まれ仕事も結構あるようだ。『SR サイタマノラッパー』のヒットの後は、これで食えると思って東京に出てきたが、金回りに困って結局実家の埼玉に戻ったという哀しいエピソードもある。今はそんなことないと思うけど。

■おそらく、ちょっと前までテレビ東京でやっていた深夜ドラマ『SR サイタマノラッパー 〜マイクの細道〜』とかが入江監督が本当にやりたいことなんだろうな。でも映画業界は入江監督の企画には乗らず、彼の構成力とセンスだけを使いたくて持ち込み企画を持ってくる。なので、入江監督自身が企画している次回作にはスポンサーが付かず、制作費をクラウドファンディングで求めているそうだ。映画業界の闇もあるなあ。あ、映画自体は十分な娯楽作です。

■ネタバレを少しだけ。故・野沢尚さん脚本の名作ドラマ『眠れる森』にヒントが。まあ、だいたいの人は分からないと思うので、ネタバレとしてはセーフかな。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

武曲 MUKOKU [映画]

5520c09ee397070a (1).jpg

■2017/6/10鑑賞@109シネマズ川崎。今年48本目の邦画16本目。

■6月はバタバタしてて、観た映画はこの週末に集中して5本。これを書いている時点で6/29なので今月はこれで終わりだろう。しかし今月はブログをまだ一本も更新していないのもまずいかと思い(やる気がなかっただけだけど)。慌てて更新。気力があればもう少しするかも知れないけど。

『私の男』などの熊切和嘉監督で、主演は同じく北海道ネタの『そこのみにて光輝く』の綾野剛。撮影監督は近藤龍人さん。こりゃ期待しますがな。原作は藤沢周の同名小説。未読。

■青春時代を剣道に捧げた谷田部健吾(綾野剛)は、厳しく教えてきた父・耕造(小林薫)を練習中の事故で植物人間にしてしまい、それ以来自暴自棄の日々を送っている。もう一人の師匠・光邑(柄本明)は健吾を蘇らせるために、素人の高校生・融(村上虹郎)の能力を見抜き、健吾のもとに差し向ける。

■綾野剛は、今クールで放送していたドラマ『フランケンシュタインの恋』のような、変な役のほうが絶対に似合う。最近はイケメン枠で扱われているけど、どちらかというと爬虫類系の顔だし(綾野剛ファンの人すいませんすいません)。しかしこの映画、前半は良かったんだけど、特に後半は話の展開がまだるっこしくて失速気味。

■なのでちょっと残念だったのだけど、最近売り出し中の村上虹郎はいいな。あと、健吾の彼女役で一応ヒロイン扱いなんだけど、その割には出番が少なかったカズノ(前田敦子)が、健吾の家の玄関でやられてしまうシーン(下品ですいません)がとても印象に残った。もしかしてこの人は女優として生き残っていくのかも知れない。

■オレの期待値が高すぎたせいだとは思うけど、熊切監督にはもっと高みを目指して欲しかった。でも、熊切監督も参加した、佐藤泰志原作の函館三部作に共通の脚本家、高田亮さんの脚本がイマイチなせいかなとも。以前から違和感は感じていた。

■エラそうですいません。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

美しい星 [映画]

ab0e7ab20247e934 (1).jpg

■2017/5/27鑑賞@TOHOシネマズ新宿。今年47本目の邦画15本目。何で新宿で観たかというとその後新宿で飲み会(映画の感想交換会)があったからです。しかしネットで拾ったポスター画像、主演のリリー・フランキーだけの画で、映画館に貼られていた主演キャストが入っている画とは違う。何でかというとキャストの一人の亀梨和也がジャニーズなので、ネットでの画像配信は認めていないからである。そろそろそのルールがいかに宣伝広告効果を毀損しているか、事務所の中で上申できる人がいないのかな、とも。

■原作の三島由紀夫の小説は大好きだが、読破率は7割というところか。この原作も未読。設計され尽くした文体が大好きなんだけど、人によっては過剰と取る向きも。オレは特に『青の時代』や遺作となった『豊饒の海』四部作が大好きなんだけどね。映画化されたのを観たのは、『豊饒の海』の中の第一部『春の海』だけなんだけど。正直イマイチでした。

■三島由紀夫の小説で唯一のSFという触れ込みなんだけど、昭和30年代の小説を現代に置換しているので、詳細はいろいろ異なっているらしい。当たらない気象予報士の大杉重一郎(リリー・フランキー)は帰途である事故に遭遇し、自らを火星人ではないかと疑うようになる。時を同じくしてフリーターの息子・一雄(亀梨和也)は自らを水星人と認識し、女子大生の娘・暁子(橋本愛)はミュージシャンを名乗る男・タケミヤカオル(若葉竜也)との接触で自分を金星人ではと疑うようになる。唯一自分を異星人と自覚できない母・伊余子(中嶋朋子)はマルチ商法にのめり込んでゆく。そこに参議院議員・鷹森の秘書・黒木(佐々木蔵之介)が現れ。

■すごく込み入ったストーリーで、原作の小説は(いずれ読みますが)村上春樹が言うところの「総合小説」ではないかと思うくらい多くのファクターを内包しているのではないか。だけど、この映画は混沌としている場面だけを切り出しそれを提示しているだけで、映画としての着地点がどこに行くのかが理解できないままで終わってしまった。

■役者さんはみんな素晴らしいんです。リリーさんはもう本業俳優と言ってもいいくらいの鬼気迫る演技だし、あくまで美人を保つ橋本愛も素晴らしい。能面のような顔の佐々木蔵之介は言うまでもない。映像も、吉田大八監督の出世作『桐島、部活やめるってよ』の近藤龍人さんが撮影監督なので素晴らしかったけど。

■正直言って、三島由紀夫の「総合小説」に大好きな吉田大八監督(あとは『クヒオ大佐』『パーマネント野ばら』『紙の月』など)が力負けしてしまったのかな、と。

■でももしかしたら、10年後くらいに「カルト映画」として評価されているかも知れない。お薦めはしませんが、気になった方は観ておいて損はないかも知れません。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ピーチガール [映画]

peach-300x446 (1).jpg

■2017/5/21鑑賞@TOHOシネマズ府中。実は初訪問。今年46本目の邦画14本目。

■マニアなオレには変な趣味があり、そのひとつが「TOHOシネマズ全制覇」。まあ不可能なことは分かっているのだが。TOHOシネマズは北海道以外の本州、四国、九州にある。その中で首都圏以外で行けたのは仙台だけ。首都圏でも、東京都以外は川崎(ホームグラウンド)、ららぽーと横浜、流山おおたかの森、上大岡くらいでございます。ただ、都内は府中に行けばコンプリートなのでわざわざ赴いた。まあこんなことをやるのはフリーパスポート期間だけだし、何の特典もないけどね。要は自己満足。

■原作は上田美和の同名漫画。なんと1,300万部も売れたそうですが全く存じ上げませんでした。連載開始が20年前みたいで、その頃も(今もだけど)興味のベクトルが全然向いてなかったようです。しかしそんな昔の漫画を今映画化するとは、やはり邦画界の企画不足は深刻なのか。少年漫画系であれば、「え?今『はじめの一歩』を実写化?」みたいな違和感がある。

■女子高生のもも(山本美月)は、中学の時水泳部だったので色黒で茶髪。なのでビッチっぽい扱いを受けていたのだが、同級生のとーじ(真剣佑)のことが好きだった。しかし学校イチのモテ男・カイリ(伊野尾慧)に言い寄られ、そこにももの同級生で読モもやっていて学園の人気者・沙絵(永野芽郁)も絡んでくる。

■場違いのおっさんが観るからダメだ、と言われるとそれまでなんだけど、いろいろひどい。メインキャラクターの初登場時に、キャスト名とキャラクターの概要がテロップで表示される映画ってダメだろ。TVドラマならいざ知らず。後で教えてもらったのだが、今作の神徳幸治監督は初監督作で、それ以前は大根仁監督の『モテキ』『バクマン。』で助監督をやられてた方らしい。大根仁監督は、今までの映画・ドラマの定形表現を踏み出すことを果敢にやってきた人なんだけど、神徳監督はそれを勘違いして受け継いでいるのかなあとも。厳しい表現ですが。

■25歳の山本美月が高校1年生というのもかなり無理があるし、まあまあキツい映画です。ただ、何のメリットもないのに、この映画の中で犯罪者スレスレ(というよりほぼ犯罪)の悪役をやった永野芽郁には敬意を表する。

■という訳でお薦めしません。でも、興収ランキングでは公開週3位、翌週5位とまあまあヒットしているようです。ジャニーズ効果でしょうか。素人には映画業界は難解ですね。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

あの日、兄貴が灯した光 [映画]

0c8850c7370d4074 (1).jpg

■2017/5/20鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年45本目の外国映画32本目。

■韓国映画は、とてつもなく突出した映画(『お嬢さん』とか)か、無理筋のベタ脚本の映画に二分されると思っているのはオレだけですかね。まあ、韓国の方も日本の映画・ドラマをそう思ってらっしゃるのかも知れないので五分五分ですが、まだ日本映画・ドラマは韓国での上映・放送に一定の規制が残っているようで、よく分かりません。お互いしょうもない障壁は廃して、エンタは普通に面白がれりゃいいと思っちゃうんですけどね、素人としては。

■この映画は、TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスポートが切れる前日に観たのだけど、残念ながら後者に区分される(わたくしの感想です)。柔道の代表選手だったコ・ドゥヨン(D.O.)は試合中の事故で失明してしまう。詐欺罪で服役中の腹違いの兄コ・ドゥシク(チョ・ジョンソク)は、両親亡き今、弟の面倒を見れるのは自分だけだと言い張り、まんまと仮釈放を勝ち取る。反発していた兄弟だが、少しずつ心を通わせるようになる。その折、コ・ドゥシクは自分が末期ガンであることを知り、弟が自分が亡き後も生きていけるために、拒んでいたパラリンピックの柔道代表選手としてリオで金メダルを取らせようと思い、元コーチのスヒョン(パク・シネ)に事実を打ち明け再度コーチを依頼する。

■正直言って、メチャメチャご都合主義の脚本です。でも、ところどころ仕込まれたギャグに笑ってしまうのはなぜだろう。韓国の映画文化をよく理解していれば、いい泣き笑い映画なのかも知れないです。まあ自身の勉強不足のせいで、韓国映画を観るのは年に1〜2本なので相変わらず俳優さんの名前も覚えられないし。シアター内の観客の大多数は妙齢のマダムで、この方々と比べてオレは圧倒的に韓国映画の勉強不足なんでしょうね。

■やはり今まで通り、韓国映画は映画通の友人知人がお薦めの映画に絞って観た方がハズレが少ないかな、とも。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

メッセージ [映画]

178447f10bcc4f9f (1).jpg

■2017/5/20鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年44本目の洋画31本目。

■本作の監督のドゥニ・ヴィルヌーブは、SF映画ファンの98%(オレ調べ)が期待している『ブレードランナー』の続編で今秋日本でも公開される『ブレードランナー2049』の監督だ。しかも前作『ボーダーライン』もとても面白かった。予習も含めてそりゃ観るよな。

■世界各地に半円形の謎の宇宙船が同時に現れる(なぜか日本では北海道:笑)。娘を亡くし悲嘆に暮れている言語学者・ルイーズ(エイミー・アダムス)の元に米軍大佐のウェバー(フォレスト・ウィテカー)が協力を依頼するために現れる。彼らとのコミュニケーションが取れず来訪の目的が分からないため、言語学的な解析を依頼するのが目的だった。現地で合流した数理学者イアン(ジェレミー・レナー)とともに、宇宙船の中にいる生命体「ヘプタポッド」との対話を試みるが、音声での会話は上手く行かず。しかしヘプタポッドが表示する図形が「言語」だと認識できたルイーズたちは、徐々にヘプタポッドと対話を進めていく。

■正直言ってSF映画の割には映像が限られていて、アメリカのどっかの郊外の緑地、宇宙船の内部、そして現地のキャンプとそうそう多彩ではない。しかも特に前半部分はヘプタポッドの「言語」の解析に費やされ、話がまだるっこしいと思う人もいるかも。でもオレは一応大学では文学部という、言語を扱う学部に在籍していたこともあり(専攻は社会学だけどね:笑)。言語学の授業も取っていたと思うので共感できる部分大。特に「使う言語はその人の思考回路を支配する」(たぶん)という台詞には唸らされた。

■そして(ネタバレを省いて)ルイーズの能力が覚醒してからの怒涛の展開はまさに涙もの。「ああ、こういうことを伝えたかったんだ」と結構涙腺が緩んだ。加齢だけどな。

■特に前半部分では、ぼーっと観てると理解できない部分も多いので、脳を疲れさせる映画だと思うけど、お薦めです。ただ毎度のことながら、原題が『Arrival』なのになんで邦題が『メッセージ』なんだ。バカか。ABBAのアルバムに配慮でもしたのか!(古くてすいません)。ま、原題自体、原作小説の『Story of Your Life』から改題してんだけどね。

■観た知人友人の中では、不満な方もいらっしゃったようで。どう説明すべきかしばらく考えていた。ある時これは、21世紀の『未知との遭遇』、なんだと思い至り腑に落ちた。

■傑作。是非観てね。オレももう一回観て飯をおかわりしたいです。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る