So-net無料ブログ作成
検索選択

ラストコップ THE MOVIE [映画]

e26d7ce5c9d33cd4 (1).jpg

■2017/5/5鑑賞@チネチッタ。今年37本目の邦画11本目。

■これは動画配信サービス「Hulu」で先に配信され、昨年日テレで連ドラ化されたものの映画版。もともとはドイツのドラマの翻案ものらしい。もちろん未見。30年前に爆発事故に巻き込まれ、ずっと昏睡状態だった昭和の刑事・京極(唐沢寿明)が奇跡的に目覚めたが、妻・可奈子(和久井映見)は後輩・鈴木(宮川一朗太)と再婚し、娘・結衣(佐々木希)は京極を知らぬまま成人していた。なぜか刑事に復職した京極は、草食刑事・亮太(窪田正孝)とコンビを組まされ、事件を次々と豪快に解決していく。

■連ドラの視聴率も別に良くなかったようだし、何で映画化されたのかはよく分からないが、おそらくhuluの絡みとかもあったせいだろうか。

■脚本も演出も雑、というかわざと雑にやっているのかという感じ。アクションシーンが多いのでVFXも多用されているが、これも(予算のせいもあるかも知れないけど)わざと雑にやっているのかのように漫画的で、そこがなんだかとてもおかしい。制作側は正統派刑事アクションで大ヒットさせようとは夢にも思っていない感じ。でも、その辺の力の抜け加減が妙に楽しいのだ。オレと同い年の唐沢寿明のエネルギー過剰な演技も楽しいし、婦警役で旬の若手女優さん(伊藤沙莉・桜井日奈子・武田玲奈)が出ているのも良い。

■という訳で大声でお勧めはできませんが、お暇があれば箸休め程度で。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

カフェ・ソサエティ [映画]

d1534a7c3cc7e852 (1).jpg

■2017/5/5鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年36本目の洋画26本目。クリント・イーストウッドと同じく、齡80を超えても年一作のペースで作品を発表し続けるウディ・アレン監督。最近の彼の作品は毎年観ている。

■1930年代のハリウッド。夢を抱いてNYから来た青年・ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、映画業界の大物エージェントの叔父・フィル(スティーヴ・カレル)のもとで雑用係として働く。ハリウッドに明るくないボビーの案内をしてくれたのはフィルの秘書・ヴェロニカ(ヴォニー)(クリステン・スチュワート)。ボビーはヴォニーに恋心を抱くが、彼女には「ジャーナリストの恋人」がいた。ヴォニーが恋人と別れたのを知ったボビーは再度ヴォニーにアタック。晴れて二人は恋人同士になるが、実は「ジャーナリストの恋人」は叔父・フィルだった。妻と別れても復縁を迫るフィルの許に結局ヴォニーは戻る。

■失意のままNYに戻ったボビーは、ギャングの兄がオーナーのカフェの支配人として働く。そこで客・ヴェロニカ(ブレイク・ライブリー)と出会い恋に落ち結婚する。そこにフィルがヴォニーを連れて来店。数年ぶりに二人は再会するが。

■『ソーシャル・ネットワーク』ではザッカーバーグに鬼気迫る寄せ方をしたジェシー・アイゼンバーグだが、今回は脇役にも見えてしまう希薄な存在感(いい意味で!)を醸し出している。二人のヴェロニカもともに美しい。最近のウディ・アレン映画では常連だったエマ・ストーンが出ていないのはちょっと寂しいけどね。

■ウディ・アレンは今までフィルム撮影にずっと拘ってきて、今回が初めてのデジタル撮影作品だそうです。それを勧めたのが若手の撮影監督ではなく、『地獄の黙示録』『ラストエンペラー』などで知られる超大物撮影監督、ヴィットリオ・ストラーロだというのがとても面白い。ちなみに初コラボとのこと。この画像の美麗さには正直参りました。すぐれた色彩設計と、ハリウッドが舞台であること、前半のストーリーの類似性などから、「大人のラ・ラ・ランド」と評する向きもあるようだが、半分同意で半分不同意ってところかな。

■裏でギャングの兄がガンガン人殺してたりとか、ボビーがユダヤ人とかの毎度おなじみのアレン節もあるのだが、結末を観客の想像に任せる余韻を持たせた終わり方とかもあり、ここ数年のアレン監督の作品では一番いい。根幹のテーマはあまり変わらずとも、毎年面白い映画を観せてくれるウディ・アレン。これからもご健在で、もっと楽しい映画を観せてくれますように。

■お薦めです。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

PARKS パークス [映画]

bd1a66ce6f47ba4e (1).jpg

■2017/5/2鑑賞@テアトル新宿。今年35本目の邦画10本目。先に言っとくと、この映画は井の頭公園100周年記念のご当地映画です。オレは上京してから東京西部に住んだことはないし馴染みはないけど、過去の経験から井の頭公園にはあまりいい思い出がない。でも結構好きだったりする。そして旬の俳優さんたち(橋本愛・永野芽郁・染谷将太)がメインキャストなので観ようと思った。もう一つの理由は、テアトル新宿が属しているTCGグループの無料券がそろそろ期限切れになりそうだったこと。ウチからは別に近くないが、居心地のいい映画館なのだ。

■成蹊大学(現職総理と同じ大学だw)4年の純(橋本愛)は、親のコネで就職が決まっているのに、単位が足らず留年の危機に陥る。担当教授(佐野史郎)に直談判すると、レポートの追提出を条件にされる。そこに純が住んでいるアパートに女子高生ハル(永野芽郁)が突然現れ、先日亡くなった父親(森岡龍)の当時の彼女・佐知子(石橋静河)を探しに来たと純の部屋に居座る。

■ハルに押され佐知子の実家に訪れるが、すでに佐知子は亡くなっており、孫のトキオ(染谷将太)と出会い、父と佐知子が製作途中だった未完の曲があることを知る。そして純の卒業の条件は、教授の指示により、未完の曲を完成させることになる。

■井の頭公園はいいところなのですごく馴染める。橋本愛を始めとする若手の俳優の演技もすごくいい。でもこの映画が物足りないのは、脚本がグダグダなところ。ハルの父親の青春時代が50年前というかなり無理のある設定(そりゃ父親じゃなくて祖父だろ)やテンポの悪さ。それより何より、キーになる楽曲の魅力が残念ながら大変乏しいところなのだ。

■でも監督は若手ながら才能がある方だと思うので、今後に期待します。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

グレートウォール [映画]

daedf932d0289873 (1).jpg

■2017/5/1鑑賞@109シネマズ川崎。今年34本目の外国映画25本目。

■この映画、今年のアカデミー賞授賞式でMCのジミー・キンメルが、ケイシー・アフレックが主演男優賞を獲った『マンチェスター・バイ・ザ・シー』に関するコメントで、制作に名を連ねていたマット・デイモンに対し、「君は出演もせず赤字の中国映画に出てたらしいじゃないか」とイジったその映画です。まあ、アメリカではコケたらしいんだけどね。今作のチャン・イーモウ監督は、少なくとも日本では文芸派監督として認識されていて(『初恋のきた道』とかね)、なぜかTOHOシネマズシャンテで上映されてたりとか面白い。わたくしTOHOシネマズのパスポートはあったけど時間の都合で地元で。

■宋王朝時代、欧州から黒色火薬を求めて中国まで来たウィリアム(マット・デイモン)とペロ(ペドロ・パスカル)たちは怪獣に襲われる。その後万里の長城に捕縛されるが、実は万里の長城は饕餮なる怪獣に対する防御壁として作られたことを知る。女性攻撃隊の隊長リン・メイ(ジン・ティエン)の信頼を得つつ、以前からこの砦に捕らわれている欧州人・バラード(ウィレム・デフォー)から情報を得るが。

■最初に「万里の長城に関する色々な伝説がある」(大意)というお断りはあるがこれはすごく大嘘だろ(笑)。これも雑な映画だがすごく面白いのだ。ヒロインのリンが大変美しいし、アクションシーンも飽きさせない。

■好きな映画だけどコケる理由も何となく分かる気も。映画って難しいね。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

無限の住人 [映画]

poster1 (1).jpg

■2017/5/1鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年33本目の邦画9本目。

■三池崇史監督の作品は、近年だいたい観てはいる。年間数本撮る多作の監督だというせいもあるのだろうが、当たりハズレが激しい監督でもある。推測だけど、三池ファンの人たちもある程度覚悟して観ているのではないか。オレもその覚悟で観ている。ただオレの場合、当たりが商業的にはおそらく成功していない『愛と誠』だったりするところがアレですが。

■原作は沙村広明の同名漫画。未読。江戸時代(?)に上司である旗本の不正を知り、旗本と手下を惨殺した万次(木村拓哉)だが、その中には妹・町(杉咲花)の夫も含まれていた。気が触れた町を連れ、万次は賞金稼ぎから逃げ回るが、ついに町を殺されてしまい逆上し、賞金稼ぎを皆殺しにする。自らも深手を負い死を覚悟した万次だが、謎の老婆(山本陽子)が現れ、万次の体内に虫を放ち、結果万次は不老不死の体にされてしまう。

■100年後、無天一流の道場の娘・浅野凛(杉咲花)は、突然現れた道場破りの逸刀流当主・天津影久(福士蒼汰)に父(勝村政信)を殺され、母を連れ去られる。復讐に燃える凛は、謎の老婆=八百比丘尼の導きで万次と出会い、用心棒を依頼する。万次は町と瓜二つの凛に驚くが、用心棒を引き受ける。

■町を殺され逆上する万次と、クライマックスの百人斬りの殺陣はさすがに凄いし、キムタクや他の俳優陣がすごく頑張っているのはよく分かるし迫力がある。そして敵役の市川海老蔵、市原隼人、田中泯の演技が素晴らしいのだ。田中泯なんて座って握り飯食ってるだけですごく絵になっていた。そして、女の敵役、戸田恵梨香の太ももには全くやられましたぜ。

■で、面白いかというとそうでもない。キムタクのキムタク演技は毎度のことながら、先日日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を獲ったばかりの杉咲花の演技も、絶叫ばかりであまりよろしくない。三池監督の演出なんだろうけど。助演陣の名演技がキムタクの演技と呼応していないのと、原作読んでないので何とも言えないが、脚本があまりよろしくなかったのかもと。

■なのであまりお薦めしません。木村拓哉も今後俳優一本でやっていくなら、脇役とかも柔軟にこなしたほうがいいのではと素人ながら思う。今の日本の一線級の俳優さんはみんな脇役も喜んでやる。やらないのはキムタクと織田裕二くらい。

■余談。鑑賞後別の日に友人夫妻と飲んでいて「チャンバラものなら、映画化すべきは『無限の住人』より『バガボンド』だよなー」という話で盛り上がった。映画化されてないのは、とっくにオファーはたくさん来ていて、作者の井上雄彦さんが許諾しないせいだと邪推するが。「でも、仮に映画化された場合、主演の武蔵は誰がふさわしい?」という問に誰も解がなかったのでした。

■お暇な方、誰がいいかご意見ください。何も出ませんが。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

帝一の國 [映画]

1a8446c6ed7de328 (1).jpg

■2017/4/30鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年32本目の邦画8本目。

■菅田将暉、野村周平などなど若手イケメン大集合、というか男だらけの映画。残念ながらわたくし男色の趣味はないし、今作の永井聡監督の以前の作品(『ジャッジ!』『世界から猫が消えたなら』)があまり面白くなかったので、もともと観るつもりはなかったが、繰り返し流れる予告編が面白そうだったので観ることにした。フリーパスポートだしね。

■原作は古屋兎丸の同名漫画。未読。時代は昭和。日本一のエリート高校・海帝高校(開成がモデルなんかな?甥が通ってたけど)で生徒会長になった者は将来の内閣入りが約束されているという。主席で入学した赤場帝一(菅田将暉)はOBで生徒会長になれなかった父・譲介(吉田鋼太郎)の応援を受けつつ、仇敵・東郷菊馬(野村周平)や苦学の爽やかイケメン・大鷹弾(竹内涼真)たちと競いつつ、恋人・美美子(永野芽郁)の応援を受けながら生徒会長を目指し突き進んでいく。

■もちろん真面目な話ではなくて、政界をカリカチュアライズしたコメディです。そもそも現職総理大臣の母校がどこかと考えたら、そんな話絶対ないでしょ(笑)。詳しくは観ていただきたいのだけど、爆笑につぐ爆笑。支持層獲得のために校庭で「マイムマイム」踊ったりするか(爆)? その他にも小ネタ満載。非常に笑わせていただいた。最後はやや力技で落としたところもあるけど、ブレずに一直線でやれば、どんなテーマでもだいたい面白くなるのかな、と。

■大変楽しい娯楽映画なので、食わず嫌いの方もお薦めです。実際ヒットしてるし。それにしても菅田将暉すげえな。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ワイルド・スピード ICE BREAK [映画]

7c7b7786be0a3d6b (1).jpg

■2017/4/29鑑賞@TOHOシネマズ日劇。今年31本目の洋画24本目。

■GW期間中(4/29-5/7)で10本は観ようという目標を立てておいた。TOHOシネマズのフリーパスポートもあるので。一応目的は達成できたが、この間ひとつもエントリを更新しなかった。ということは10本溜まっているということです。昼間は映画、夜は夜で忙しく、というか毎晩呑んだくれていたのが正直なところ。いっそのこと一部短評で済まそうかなとも思ったが、この映画を観た後にとある飲み会で先輩方に「お前のブログは内容はともかく、観た全部の映画の感想を上げてるところはエライな」と言われたのでもはや引っ込みつかず。個人的な話ですが。

■閑話休題。今作、全米のオープニング興収で新記録を達成したらしいので、ミーハーなオレは観てみることにした。久々に日本最大(座席数が)の映画館、TOHOシネマズ日劇のスクリーン1で。ここで問題が。この映画はシリーズ8作目なのだが、それまでのシリーズ作を1本も観たことがない。東京を舞台にした作品で妻夫木聡がちらっと出てたくらいはCMで知っていたが。なので大筋もよくわからないくせに観るという非常に雑な感じである。今まであまりやったことはないが、『ハリー・ポッター』シリーズを全く観ないで『ファンタスティック・ビースト』を昨年観て何とかなったので、今回も大丈夫かと。雑だ。

■以下大雑把なあらすじ。「ファミリー」のリーダー・ドム(ウィン・ディーゼル)は、愛する女・レティ(ミシェル・ロドリゲス)や他のメンバーとともに、政府筋からの裏ルートの依頼も含め数々の案件を解決してきた。今回も大量殺戮兵器と目される電磁パルス砲の奪還命令が下り、「ファミリー」は見事成功するが、直後ドムは裏切り、電磁パルス砲を持ち去ってしまう。実はドムは、サイバーテロリストのサイファー(シャーリーズ・セロン)に脅迫され仕方なく従っていた。

■この手の映画はストーリーを深追いするより、強烈な映像体験を堪能するほうが吉。後半部分での、氷海上で車と潜水艦が対決するシーンとか、バカなんじゃないかと思ってしまうがすごく面白い。徐々に頭がおかしくなっていくシャーリーズ・セロンも楽しいし。でも雑。ちょっとネタバレしてしまうが、ドムが脅迫された理由が、レティの他に女に子供を作らせていて、女と子供の身柄を確保されていたことって、どこがファミリーやねん(笑)。

■でも、バカ娯楽映画としては最上級かな。料金分の価値はあると思う。しかし配給側も雑で、シリーズ名の『ワイルド・スピード』の原題は『THE FAST AND THE FURIOUS』で、今作の原題は『The Fate of the Furious / Fast & Furious 8』だ。『ワイルド・スピード』なんて欠片もないしサブタイも日本適当オリジナル。雑すぎ。でも勝てば官軍か。

■いろいろ言いつつ、結構お薦めです。シリーズの前作観たほうが面白いとは思うけど、観なくても全然大丈夫(笑)。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

美女と野獣 [映画]

8f597c402b8f36fc (1).jpg

■2017/4/23鑑賞@チネチッタ。今年30本目の洋画23本目。

■この映画、もともとはフランスのお話だが欧米各所で映画が作られた。ただ、全世界的に広まったのは、1991年のディズニー製作の同名アニメ映画によるところが大きいと思う。で、その頃たまたま海外出張で欧州便(行きか帰りかは忘れた。昔の話なので)の中で見たところ大変面白かった。言うまでもなく、長時間のフライトでの最高の暇つぶしは、日本公開前の映画を見れることだ(その頃もまだ、作品によっては日本公開が1年後というものも結構あった)。ただ、後悔しているのはその後映画館できちんと観なかったことだ。それについては最後に書く。とにかくアニメが面白かったので観ることにした訳です。

■公開週の日曜日に観たのだが、劇場はほぼ満員で幅広い年齢層。ディズニー映画なので子供も多いかと思ったが、基本ラブストーリーなのでそうでもなかった。遅めの上映回だったしね。予想通り公開週の興収ではぶっちぎりの1位。まあそうだろうね。

■高慢な王子(ダン・スティーヴンス)は老女に一夜の宿を頼まれるが、老女の見かけが醜くそれを拒む。老女は実は魔女で、王子と召使いたちに呪いをかける。王子は野獣と化し、召使いたちはモノにされてしまう。王子が真実の愛を知るまで呪いは解けない。この辺はほぼテロップでさらっと説明される。

■フランスの田舎町に住むモーリス(ケヴィン・クライン)の娘・ベル(エマ・ワトソン)は美しいが読書好きで、村では変わり者という扱いを受けていた。美貌だけが目当てで傲慢な村の権力者ガストン(ルーク・エヴァンス)に言い寄られているが拒絶している。そんな時、旅の途中で迷って王子=野獣の城に立ち寄ったモーリスは、娘のために薔薇を盗んだ咎で幽閉されてしまう。それを知ったベルは城に乗り込み、父の代わりに自らを幽閉して欲しいと野獣に頼む。そして。

■大多数の皆様がご存知のあらすじをグダグダ書いて申し訳ございません。以下の結末については書くまでもないのですが、わたくし残念ながらディテールをほとんど忘れておりました。まあ四半世紀も経ってるからしょうがないよね。

■もちろん実写とCGでの構成なんだけど、素人が見てもとてつもなく金が掛かってそうですよ。村や城は実際のロケ地に造作を作った上でVFXをかぶせてるんだろうしね。そしてディズニーらしく瑕疵がなくて分かりやすい脚本と強烈な劇伴。なんだか物量作戦にやられた気もするけど、もちろん映画としては面白かった。

■ただ、ベルが幽閉中の映像の大部分は、ベルとCG(目の部分だけは俳優を合成してんのかな)の野獣、そして時計や燭台、コーヒーカップといったまあクリーチャーとのやりとりがほとんど。クリーチャーのボイスアクトはもちろん俳優さんがやっていて、ラストで本当の姿に戻るんだけど。

■なので映画の半分くらいはエマ・ワトソンの一人芝居とも言える。なので、エマ・ワトソンに乗れるかどうかがこの映画自体に乗れるかどうかの鍵かな。ま、エマ・ワトソンを嫌いな人はほとんどいないと思うので、余計なお世話かも知れないけど。

『ラ・ラ・ランド』でエマ・ストーンが演じた「ミア」は当初エマ・ワトソンにオファーされたという話もあるが、ワトソンにはこちらのオファーが先だったので断ったとか。この「エマ・エマ」対決は面白い。もちろん本人たちは対決しているつもりはないだろうけど、オレ的には、正統派美人のエマ・ワトソンより、ファニーフェイスのエマ・ストーンが好みですけどね。

■どちらにしろ面白い映画です。興収1位も当然かも。『アナ雪』超えの噂もあるけど、ラブストーリーなので子供受けがちょっとな、という気もする。

■最後に機内上映の話。日本公開前に映画を見れるのはまあまあ自慢な訳で、その当時オレも「あ、それ機内で見た」とか自慢げに語っておりました。恥ずかしい。現在でも洋画の日本公開が半年くらい遅れる例もあり、そういう話も散見される訳ですね。そりゃまあいい。でも幸運にも日本公開前に映画を見れて面白かったなら、帰国後映画館で同じ作品を観て確認し、面白かったら広めるべきではないかと。それをやらなかった昔のオレを強く叱りたい。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

バーニング・オーシャン [映画]

8b87a03296a41f11 (1).jpg

■2017/4/22鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年29本目の洋画22本目。

■恐ろしいことに実話がベースになっている。石油メジャーのBP社の下請けであるトランスオーシャン社のエンジニア・マイク(マーク・ウォールバーグ)はメキシコ湾沖の石油掘削施設「ディープウォーター・ホライズン」に3週間出張することになる。現場へのヘリには上司の主任・ジミー(カート・ラッセル)の姿もあった。

■現地に着いてみると、コストカットのためにBP社の管理職・ウィドリン(ジョン・マルコビッチ)らによって必要なテストがなされてないことが発覚する。ウィドリンたちは他のテストでカバーして操業を強行するが、そこで施設に重大な問題が持ち上がり、従業員たちは危機にさらされる。

■大企業が下請けに無理を強いて結果事故になるという、クソだが実際よくある話ではある。パニック・ムービーの類に入ると思うのだけど、よく出来てはいる。マーク・ウォールバーグが主演という時点でふざけた中年のおっさんの話かと思ったが、それはオレが『テッド』シリーズしか観てないだけで、『トランスフォーマー』シリーズではシリアスな役もやってるらしいのだけど、そのシリーズ全く観てません。シリーズ物は第一作を見逃すと敷居が高くなってしまうので。しかしカート・ラッセル。ベテランなのだけど代表作は未だに『バックドラフト』と言われてしまう残念さ。確かにヒットしたしすごく面白かったんだけどさ。もういい年のはずだが今作でも体を張っている。いったいいつまで体を張ればいいのかとも思ってしまう。

■そんなに期待はしてなかったんだけどそこそこ面白い映画です。ただね、原題は掘削施設の名である『Deepwater Horizon』なんだけど、この邦題どう考えても頭悪すぎだろ。毎度のことながら日本の配給側には猛省していただきたい。ダメな日本語邦題を付けるより、インチキなカタカナ邦題を付けるほうがもっと罪深い。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

3月のライオン 後編 [映画]

30126dadf362cc27 (1).jpg

■2017/4/22鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年28本目の邦画7本目。

■3月公開の『3月のライオン 前編』に続く前後編の後編です。前編のエントリでも書いた通り、大友啓史監督の最近の作品では出色の出来だと思うのだけど、興収は振るわず前編は公開週で7位、次週はランク外と、上映館が295館という大規模上映では決して成功とは言えまい。しかも前後編である。3部作は別にして、前後編で後編が前編の興収を上回った例はほとんどないと思う。でもオレはこの映画がすごく好きなので、可能な限り応援したい。

■新人王を取った零(神木隆之介)は、宗谷名人(加瀬亮)と記念対局をすることになり緊張する。同時に零が世話になっている川本家では、次女のひなた(清原果耶)が中学で、いじめられていた同級生をかばったのが原因で、自らがいじめにあうようになる。力になれず懊悩する零。

■タイトル戦のひとつ、獅子王戦が始まり零は順調に勝ち進むが、今度は川本家で妻子を捨てて他の女に走った父・誠二郎(伊勢谷友介)が、三姉妹に「また一緒に暮らそう」と突然現れるが、その裏には生活に困窮している理由があるようだった。零は川本家を守ろうと過敏に抵抗するが。

■ここまでは原作漫画通りのストーリーで、以降はまだ原作が完結していないので映画オリジナルです。ネタバレはしません。もちろん大友監督は原作の羽海野チカさんと相談してこの結末にしたと思いますが。素晴らしい結末ではないかと思う。

■「戦い続けるあなたが輝く一手は、きっとある」。戦い、孤独、支えること、支えられること。最後の方は涙目で観ていた。前編の感想でも書いた通り、とても優しい、くじけそうでも前向きに生きるすべての人を応援する映画です。我ながら甘っちょろいことを書いてますがご容赦ください。映像的にも、入念なロケハンのおかげか申し分ない。

■役者陣も前編に続き力量を十分に発揮していると思う。ベテランの面々はもちろんのこと、清原果耶がとてもいいな。若くして朝ドラに出演した理由とかがよく分かった。後編から出た伊勢谷友介は、この映画の中で唯一の悪役と言っていいと思うのだが、その常に過剰な演技(大変申し訳ありません)が、ダメ親父の過剰な自己アピールにドスンと落ちてきて、まさに適材適所かと。他の役者さんも凄いんだけど、前編のエントリと重複するので省きます。

■初週の興収は4位と、前編の7位を上回った。興収額は前編の90%弱みたいだけど、それでも素晴らしい。願わくば、前編の上映が大部分の劇場では1日1回になってしまっているので、あと1回でも増やしてもらって、前編と後編を同日に観れるのが簡単になりますように。さすがに前編観ないで後編いきなりというのは難しいので。大友監督には活劇より人間ドラマをもっと撮って欲しいと思っているので、この映画の興収が伸びることを切に願います。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る