So-net無料ブログ作成

娼年 [映画]

40f5a6abe906d330.jpg

■2018/4/14鑑賞@TOHOシネマズ日比谷。今年30本目の邦画12本目。

■石田衣良の同名小説が原作。石田衣良さんの小説は『池袋ウェストゲートパーク』シリーズ以降読んでないので未読。監督は同名舞台の脚本・演出をこなした三浦大輔さん。そもそも人の持つ罪や毒性を強調してきた監督さんで、『愛の渦』とかはその辺がはっきりしている。ただ一昨年の『何者。』とかは毒性は強いものの、表現は控えめだったかなと改めて思う。そう、今作も毒性がたっぷり。

■当初は観るつもりはなかったが、毎度おなじみB先輩が勧めて来たので、日比谷まで来たので観ることにした(地元川崎ではやってなかった)。

■東京の名門私大の学生・リョウ(松坂桃李)は日常の目標もなく、惰性的にバーでのバイトをこなす日々。ある日美しい女性・静香(真飛聖)が現れ、「女なんてつまらない」とうそぶくリョウに、「試験」を課し、合格したリョウは静香が主催するボーイズクラブに所属し、男娼として働くことによって数多くの女性と触れ合うことになる。

■三浦大輔監督お得意の、生身で本音をぶつけ合う男女のやり取りには若干疲れるところもあるけど、生々しくて面白い。ただ、観客の大部分が松坂桃李ファンの女性で、隣に座っていた女性二人連れは、「桃李くんもこんな映画に出なくても」とか言ってたし。

■そして、数多くの女優さんがきっぱり脱いで頂いているので、男子としては目のやり場に困る(ウソ)なんだけど、馬渕晴子さんの濡れ場まで観れるとは思わなかった(もちろん脱いではないです)。しかしオレの中で一番印象に残ったのは、松坂桃李のお尻でした。

■すべての人に勧められる映画ではありませんが、ロングラン中なのでまだやってる映画館はあるので、興味を持たれた方はぜひ。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

パシフィック・リム:アップライジング [映画]

15d77d14c1484d8a.jpg

■2018/4/14鑑賞@TOHOシネマズ日比谷。今年29本目の洋画18本目。

■TOHOシネマズ日比谷は、東京ミッドタウン日比谷(謎のネーミングだ)に出来て以来初訪問。現在の東京で一番環境の良い映画館だろう。ただ、同じ系列の近くの「スカラ座」「みゆき座」をまとめて「日比谷」にしてしまったので観客に不親切だし動線は悪い。しかも各シアターに上映中の映画の表示がないし。ただ劇場は新築のせいか立派で、特にこの映画を観たスクリーン1は現時点で日本では最高級のシアターではないだろうか。

■前作『パシフィック・リム』がとてつもなく面白かったので、続編となると期待しかなかった。しかも途中で続編制作が難航しているというニュースもあったし。なので続編制作のニュースがあったときには小躍りしたものだ。ただ、前作のギレルモ・デル・トロ監督が降板しプロデューサー陣に留まり、監督はスティーヴン・S・デナイトになるという情報で若干イヤな予感がした。おそらくデル・トロは、アカデミー作品賞を受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』を優先した結果というのは想像に難くない。

■前作より10年後の2035年。前の戦争で戦士したスタッカー(イドリス・エルバ)の息子、ジェイク(ジョン・ボイエガ)は軍を除隊し、非合法な仕事に手を染めていた。あるきっかけでジャンクを集めてイェーガーを作っていた少女アマーラ(ケイリー・スピーニー)と知り合い、揉め事の末軍に無理やり復帰させられることになる。そこには姉妹として育てられた事務総長・マコ(菊地凛子)が待っていた。

■しかし、軍事産業の大手会社の思惑もあり、忌むべき「KAIJU」が復活を遂げ世界中を恐怖に陥れる。ジェイクを初めとするメンバーが操縦するイェーガーたちは立ち向かうが。

■かなり端折ったあらすじで申し訳ないけど、あらすじだけ読むとワクワクしそうでしょ? これがアカンやつでした。デル・トロ監督の前作のオタクぶりを最大限に押し出したケレン味のある演出要素が今回はゼロ。日本が舞台の映像がおざなりだったり、新田真剣佑がまあまあちょい役だったりということを置いといても、映画としての完成度は前作に遥かに劣る。

■視覚的には楽しいけど、映画としては勧めません。前作に熱狂した人たちはたぶん同意見かと。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る