So-net無料ブログ作成
検索選択

ラストコップ THE MOVIE [映画]

e26d7ce5c9d33cd4 (1).jpg

■2017/5/5鑑賞@チネチッタ。今年37本目の邦画11本目。

■これは動画配信サービス「Hulu」で先に配信され、昨年日テレで連ドラ化されたものの映画版。もともとはドイツのドラマの翻案ものらしい。もちろん未見。30年前に爆発事故に巻き込まれ、ずっと昏睡状態だった昭和の刑事・京極(唐沢寿明)が奇跡的に目覚めたが、妻・可奈子(和久井映見)は後輩・鈴木(宮川一朗太)と再婚し、娘・結衣(佐々木希)は京極を知らぬまま成人していた。なぜか刑事に復職した京極は、草食刑事・亮太(窪田正孝)とコンビを組まされ、事件を次々と豪快に解決していく。

■連ドラの視聴率も別に良くなかったようだし、何で映画化されたのかはよく分からないが、おそらくhuluの絡みとかもあったせいだろうか。

■脚本も演出も雑、というかわざと雑にやっているのかという感じ。アクションシーンが多いのでVFXも多用されているが、これも(予算のせいもあるかも知れないけど)わざと雑にやっているのかのように漫画的で、そこがなんだかとてもおかしい。制作側は正統派刑事アクションで大ヒットさせようとは夢にも思っていない感じ。でも、その辺の力の抜け加減が妙に楽しいのだ。オレと同い年の唐沢寿明のエネルギー過剰な演技も楽しいし、婦警役で旬の若手女優さん(伊藤沙莉・桜井日奈子・武田玲奈)が出ているのも良い。

■という訳で大声でお勧めはできませんが、お暇があれば箸休め程度で。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る