So-net無料ブログ作成
検索選択

3月のライオン 前編 [映画]

9991a780f75748d3 (1).jpg

■2017/3/18鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年17本目の邦画5本目。

■大友啓史監督の作品は、監督デビュー作の『ハゲタカ』からずっと注目していたのだけど、昨年の『秘密 THE TOP SECRET』『ミュージアム』はちょっといただけなかった。特に『ミュージアム』が。なので今作の出来次第では大友監督作品としばらく距離を置こうかなと思っていたのだけど、さてどうでしょう。

■原作は羽海野チカさんの同名漫画。幼くして両親と妹を交通事故で亡くした桐山零(神木隆之介)は、冷たい親族ではなくて、父親の将棋友達でプロ棋士の幸田(豊川悦司)に引き取られる。将棋で強くなることにしか生きる道を見いだせなかった零は、幸田の娘・香子(有村架純)とその弟の歩をたちまち追い越して、二人にプロ棋士を断念させることになる。中学生でプロ棋士になった零は、幸田家の不協和音に耐えきれず、家を出て川沿いのマンション一人暮らしを始める。未成年なのに酒を飲まされて駅前で泥酔していた零を、川本家の三姉妹の長女・あかり(倉科カナ)が家に連れていき介抱する。そこで次女・ひなた(清原果耶)、三女のもも(新津ちせ)と知り合い、時々出入りするようになる。

■詳細を書きすぎるとアレなのでこのへんにしておくが、表面上は敵に見える人もいるが、少なくとも前編は善人たちの物語です。香子と不倫している?という設定の強面の棋士・後藤(伊藤英明)もそうだし、零の親友を自称する二階堂(染谷将太)は、昨年の将棋映画『聖の青春』にも出ていたが、村山聖がモデルの役なのだけど(その時は後輩の役)、さすがに役作りで肥ることはできなくて特殊メイクだったけどね。

■とてもとても優しい映画です。大友監督見直したわ。役者陣もみんな最大限のパフォーマンスだと思うし。先輩棋士役の佐々木蔵之介もいいし、倉科カナの芝居に初めてじんと来た(上からですいません)。そして誰にも愛されないことで傷つき、雫にキツい言葉しか浴びせられない孤独な香子(有村架純)。今までにはない役だし結構エロいが、原作漫画がそういう設定なので。清原果耶も、雫の高校の教師役の高橋一生も素晴らしい(最近超人気)。そしておそらく羽生名人がモデルであろう宗谷名人(加瀬亮)の見かけではない寄せ方も素晴らしい。もも役の新津ちせさんは、なんと『君の名は。』の新海誠監督の娘さんだとか。びっくり。

■ちょっとだけ長いし、原作のエピソードを整理しきれていないところもあるけど、お薦めです。映画自体の評価は後編を観てからにしますが、この映画の中での唯一の悪人が後編で出てきます。

■この映画がいいことの最大の要因は、羽海野チカさんの原作漫画がとても素晴らしいことです。大友監督の作品は監督デビュー以降小説か漫画原作の作品がすべてだけど、原作のクオリティと映画の出来が直結していると思う。今後は原作を精選することと、相棒となる脚本家を特定してほしいかなと。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る