So-net無料ブログ作成

ドクター・ストレンジ [映画]

de92603b2898b887 (1).jpg

■2017/1/28鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年4本目の洋画4本目。

■マーベルというか、世界観を同一に保ったシリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース」だと観てしまうところは完全にマーベルの罠に落ちているわたくしではあります。そして主演は演技派俳優、ベネディクト・カンバーバッチ。昨年の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の主演、エディ・レッドメイン同様、カンバーバッチもSF・ファンタジーの軍門に降りたのかというのは、たぶん我々映画ファンの思い込みであって、俳優さん本人はそう気にしてないような気もするけど。

■天才だが傲慢そのものの外科医、スティーブン・ストレンジ(カンバーバッチ)は交通事故で両腕の神経がままならくなり絶望に陥る。同僚の外科医・クリスティーン(レイチェル・マクアダムス)の助言も耳に入らない。ある時絶望的な脊髄損傷から復活した患者を知り、そのつてでカマー・タージ(インド近辺?)にいる指導者、エイジェント・ワン(ティルダ・スウィントン)に出会い、精神力で両腕を回復させるべく修行を積む。しかしワンの元弟子・カエサリウス(マッツ・ミケルセン)の野望の戦いに否応なく巻き込まれてゆく。

■わたくし英語圏の住民ではないので、名字に「Strange」っていう人が実際にいるかどうかは気になりましたけど。

■大変面白かった。カンバーバッチの偏屈そうなキャラが今作にも生かされてたし(本人がどうかは知りませんが)、直球なストーリー。ただストレンジがワンに弟子入りしたり、前の弟子(カエサリウス)が反乱を起こして転覆を企むというのは、すんげえスター・ウォーズですよね。主要な登場人物の和服っぽい佇まいも。

■でも今までは主に物理的な攻防に終始していたマーベルと比べ、精神世界に踏み込んだのは新しいし映像的にも面白かった。そして3Dで都市の陥没や隆起を表現した映像は、ノーラン&ディカプリオの『インセプション』をさらにインフレにした感じ(雑ですいません)で楽しかった。ただ、わたくしは2Dで観たのだけど、3Dでみたらかなりの確率で3D酔いをすると思うので、三半規管が弱い方はお気をつけください。

■若干ネタバレ。本編終了後のエンドロールの途中で、マイティー・ソーが出てくる。ということはこれから先の「マーベル・シネマティック・ユニバース」にも出番があるんだろうね。

■お薦めです。特にマーベルファン。そして、レイチェル・マクアダムスの可憐さももはや定番。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

ネオン・デーモン [映画]

b3f10d076f521ad1 (1).jpg

■2017/1/14鑑賞@TOHOシネマズららぽーと横浜。今年3本目の洋画3本目。

■ニコラス・ウィンディング・レフン監督の以前の作品『ドライヴ』は、B先輩に薦められてDVDを借りて見たのだが、掛け値なしに面白かった。主演のライアン・ゴズリングの魅力によるところも大だとは思うけど、予測不可能なスリリングな展開、ドライブシーンの格好良さなど、魅力的な点が多かった。DVDは字幕のみで日本語音声は入ってなかったのだけど、テレビ東京が平日昼にやっている洋画の放送番組「午後のロードショー」では放送する際に、わざわざ日本語音声を新規収録するという蛮勇に出て拍手喝采。広く知られてはいないが、一部の映画ファンには好まれている作品だし、もちろんオレもそう。

■それ以降特に追っかけていたわけではないが、この映画のキャッチコピー「『ドライヴ』を超える衝撃」に釣られて観ることにした。以下、この映画を悪く書きますが、あくまで個人の主観によるということを初めにお断りしておきます。

■トップモデルになりたい、と田舎からロスに出てきた16歳のジェシー(エル・ファニング)は、自らも自覚しているその美貌により、カメラマンやデザイナーの心を掴みたちまち売れっ子モデルになるが、仕事を奪われた他のモデルたちは彼女に激しい嫉妬を抱き、それを行動に移すようになる。

■結末は書きませんがまあこんだけです。脚本は非常にステレオタイプの話なのですが、監督はビジュアル重視で話を展開していこう、と思ったのだろう。

■各々のカットが無駄に長く、かつカメラワークは平面的。そしてR15+の映画なのだけど、脇役の女性陣はバンバン脱いでるのに主演のエル・ファニングは脱いでなくて、『さよなら歌舞伎町』の前田敦子のような「脱ぐ脱ぐ詐欺」ではないかと思ってしまった。でもまあこの点に関しては、エル・ファニングはまだ18歳なので当然といえば当然だけど。エロオヤジですいません。それにそんなに美貌とも思えなかったので、それは演出で何とかして欲しかったかなと。キアヌ・リーブスなんて何のために出ているのかよく分からなかったし。

■いろいろ愚痴めいたことを書いたけど、要はレフン監督の世界観に乗っかれるかどうか、という映画だと思う。オレより倍以上映画を観ているK先輩とかは「ラストのシークエンスを除いて全肯定」と言われてたし。

■観る人によって判断が分かれる映画だと思うので、お薦めはしませんが興味を持った方はどうぞ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

わたしは真悟@新国立劇場中劇場 [舞台]

IMG_2769.jpg

■2017/1/11鑑賞。今年の舞台1本目。来月も観る予定があるので、少なくとも今年は昨年観た本数(2本)と同じになるのは確定。あとは今年どれだけ観たい舞台が出てくるかに拠る。チケ代は基本的に高いしね。

■実は新国立劇場に来るのは初めてだが、なかなか立派な劇場。さすが国立だ(?)。住所は渋谷区だが最寄り駅は初台なので、新宿から行くほうが近い。しかしチケット代は自分観劇史上最高額の¥10,800。高いよマジで。が、当日会場に赴くと若い人、特に女子高生がやたらに目立つ。今どきの女子高生はおっさんよりリッチなのかと思ったらそうでもなく、学生限定の「真悟割」(¥4,700)があるそうな。値段の問題は分かったが、主な出演者は高畑充希、門脇麦、小関裕太、大原櫻子、成河。あまり女子高生受けしそうなキャストではない。高畑充希は朝ドラ女優だが、女性受けがいいというイメージがあまりない。門脇麦も知名度としてはまだまだだし、イケメンの小関裕太狙いなのかな? 成河は舞台俳優として活躍してるし、大原櫻子は歌手のイメージが強い。

■閑話休題。原作は楳図かずおの同名漫画。楳図かずおというと、若い人のイメージでは、赤ボーダーのシャツを着て吉祥寺近辺に出没する変なおじさん(おじいさん)というところか。もちろん『漂流教室』『まことちゃん』などのヒット作があるれっきとした漫画家で、この原作漫画は、オレが大学生の頃、創刊間もない「ビッグコミックスピリッツ」に連載されていた。まあまあ古い漫画なので、これが現代にミュージカルとして上演されるというのにはちょっとビックリした。しかも特にこの漫画は分かりづらく、哲学的、というより形而上学的な話なのでさらに驚き。

■それでも観たのは、舞台女優(『ピーターパン』とか)でスタートした高畑充希の舞台を一度観たかったからだ。まあ実は結構ファンでもある。初めて高畑充希を認識したのは、ドラマ『Q10』。主演の朝ドラ『とと姉ちゃん』は脚本のせいか正直イマイチだったけど、現在再放送中の朝ドラ『ごちそうさん』の演技も光っている。門脇麦の舞台も一度観たかったし、大原櫻子(『カノジョは嘘を愛しすぎてる』)も観てみたかった。

■小学生の真鈴(高畑充希)と悟(門脇麦)は愛し合っていたが、真鈴の親の海外転勤で引き離されそうになる。二人は東京タワーの上から飛び降りるが、その時、遊び場の工場でいつも遊んでいた産業用ロボットに自我が目覚め、自らを「真」鈴と「悟」の子供、真悟(成河)と名乗る。真悟はロンドンにいる真鈴と、日本に残った悟の苦境を察知し、進化を続けながら両親を救うために動き出す。

■高畑充希と門脇麦が小学生の役というところで既に力技。そして真悟はアームを持った産業用ロボットなのだが、その動きは映画じゃないのでCGにはできず、後ろで黒子がアームを持って動かすというこれもまた力技。そして演出のフィリップ・ドゥクフレさんという方は初見だけど、振付師出身とのことで場面場面にダンサーが多数。

■若手俳優主体なのでそんなにギャラは掛からないだろう、と思ったがこの頭数ではそれなりにするだろうし、新国立劇場のハコ代も結構するだろうし、舞台装置もお金掛かってそう。演劇でプロジェクションマッピングって初めて観たわ。¥10,800というチケ代にまあまあ納得。

■ところがこれが結構面白かったのだ。高畑充希の歌と踊りは素晴らしいし、門脇麦もなかなかのもの。大原櫻子は設定上、わざと音程が外れた歌を歌わなければいけなかったのがちょっと気の毒。本人はもっと上手なはずなので、次は適年齢の役でミュージカルをやって欲しいな。あ、この舞台、ミュージカルにしては劇伴がちょっと弱かったかも。

■といっても結構特殊な部類の演劇なので、高畑充希が番宣で「若い人が舞台を観に来る糸口になれば」と言ってた効果があったかどうかはちと疑問。次は普通の舞台で高畑充希を観たいな。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男 [映画]

7bdec0a5586ef5ca (1).jpg

■2017/1/9鑑賞@チネチッタ。今年2本目の洋画2本目。

■正直、えらいものを観てしまったという感想。今年はまだ2本しか観ていないが、オレ的今年の洋画ベスト5に入ることはほぼ確定(だから早いって)。戦後ドイツが、欧州内の他国にきちんとナチスドイツの謝罪と賠償を済ませたので現在のドイツがある、と今まで普通に思っていたのだが、事実はそんな簡単な話ではなかったようだ。

■1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアー(ブルクハルト・クラウスナー)は海外に逃亡したナチスの残党を追うことに情熱を傾けていたが、実は検察内部や政治家にもナチスの意志を継ぐ者が要職についていたり、またバウアーがユダヤ人であることもあって周りは敵だらけで孤立無援に近かった。そこへ、ナチス幹部でアウシュヴィッツ収容所を指揮していた戦犯、アドルフ・アイヒマンがアルゼンチンに潜伏しているという情報が届く。なんとしてもアイヒマンを確保したいバウアーは、若手検事のカール(ロナルト・ツェアフェルト)の協力を得ながら、味方も欺きつつ、ついにはモサドに協力を依頼する、という国家反逆罪のリスクを犯しながらもアイヒマンに迫ってゆく。

■ブルクハルト・クラウスナーはドイツ中心で活躍される俳優さんなのであまり見たことはないが、『ブリッジ・オブ・スパイ』にも東ドイツの司法長官の役で出ていたようだ。あまり印象に残ってないが。そして検事のカールはなんと架空の人物だそうで。その配置で、最近映画でよく語られる「わりあい最近まで同性愛は違法だった」という事実がこの映画のひとつのファクターになっている。

■映像も色彩を抑えたダークなトーンになっているし、劇伴はほぼジャズで映像体験としてもスタイリッシュ。歴史的な結末は、検索でもすればすぐ分かる話なのでここでは書かない。でも今の時代のこの状況で、ドイツと同じく第二次大戦の敗戦国である日本人はぜひ観るべき映画だと思う。

■うろ覚えなのでてにおはは多分間違っていると思うけど、劇中のバウアーの台詞で、以下のようなものがあった。
「ドイツの山河は美しいが、それはもとからあるもので我々が作った訳ではない。ゲーテやベートーベンは偉大だが、それは彼ら個々人の成果であって、国家が偉大なわけではない」

■正しい愛国心を持つことは大事だけど、だからって「日本のここがすごい」とかやたらに強調するような昨今の風潮は、正直言ってカッコ悪い。でも、この映画をオレが観て欲しいと思っている層は、絶対観ないんだろうなと若干諦めの気持ちもありつつ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

ダーティ・グランパ [映画]

3a27edcb42e954ee (1).jpg

■2017/1/7鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年1本目の洋画1本目。このブログの更新も今年1本目。もう1/19だが。「あけましておめでとうございます」とか書いたら、誰かに後頭部を鈍器で殴られそうである。

■なお、本エントリは大変下品なので、その手のがお嫌いな方はご遠慮ください。別にオレが下品な訳ではなく映画自体がすごく下品なのだ。老境に至り、むしろ演技の幅が広がっているような気もするロバート・デ・ニーロ主演最新作。

■長年連れ添った妻を亡くしたディック(デ・ニーロ)。しかし彼は「傷心旅行」と称して、妻の葬儀の翌日にフロリダに向かおうとする。イヤイヤ運転手役を引き受けさせられた、一週間後に結婚予定の生真面目な弁護士の孫・ジェイソン(ザック・エフロン)が当日の朝にディックを迎えに行くと、なんとディックはリビングでAVを見ながらオ◯ニーをしていた。

■まあよく天下のデ・ニーロにこんなことさせるな、という驚き。それからの道中、ディックは闘病中だった妻のためにいかに禁欲生活を長いこと続けてきたか、とか、若い女と一発ヤらないと死んでも死にきれないとか言いたい放題。そんなディックにジェイソンは少しずつ感化されていく。

■という訳で、話の最後はなんかちょっといい話的なまとめ方になっているが、おそらく制作陣の本音は、ディックという自由奔放で下品すぎる老人を思い切り遊ばせたかったのではないか。それで取って付けたようないい話をとりあえず結末に持ってきたと。

■なので、楽しみ方としては下ネタでガンガン笑ってスッキリするというのが正しいかと。下ネタにアレルギーがない方には結構お薦め。あ、もちろんR15+です。

■でもこういう映画も、日本では作りづらいだろうな。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る