So-net無料ブログ作成
検索選択

マネーモンスター [映画]

5c5309919cff719d (1).jpg

■2016/6/12鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年73本目の洋画40本目。ジョディ・フォスター出演の映画は結構観ているが、よく考えたら監督作は初めてかも知れない。予告編でスピード感溢れてそうな話だと思ったし、最近の映画には珍しく上映時間が100分切りの99分なので観てみようかなと。

■主演はジョージ・クルーニー。実際は知らないけど、映画では女にだらしない軽薄なバカハンサムの役が多いという印象だが、今回の財テクバラエティ番組「マネーモンスター」のMC・ゲイツの役もまたもその通り。ディレクターのパティ(ジュリア・ロバーツ)のもと、ヒット番組になっていた。

■もう10年くらいアメリカには行ってないので、今のアメリカで実際にこういう番組があるかどうかは存じ上げません。日本でも経済情報番組はあるけど、バラエティ寄りの番組はあまりないだろう。特定の株やFPに投資を勧めるようなやつ。リスクを恐れる現在の日本のTV業界ではそもそも成り立たないような気もするが。

■人気番組なので気楽にMCを廻していたゲイツだが、ある時投資会社「アイビス社」を紹介した情報で視聴者が大損失をした。アイビス社は「投資プログラムのアルゴリズムのバグ」といいゲイツやスタッフもそれを信じたが、母の遺産をすべて投資してパアになった若い男・カイル(ジャック・オコンネル)が銃と爆薬を持って放送局「FNN」のスタジオに乗り込み、ゲイツを人質にとりジャックする。当初はただ怯えていたゲイツだが、パティの助言のもと、バグではなく他に真実が残されているのではないかと、カイルと微妙な同盟関係を組み、行方不明のアイビス社のCEOの動向などを調べ始める。

■まあかなり無理筋の脚本です。ゲイツやパティのいる「FNN」なるテレビ局(フジテレビか!)のセキュリティがどんだけ甘くてスタッフはどんだけバカなんだ!とツッコミどころは山のようにある。これはオレだけかもしれないが、アルゴリズムで勝手に投資をしてくれるプログラムは、作れはするだろうけど一般が使えるようになっているのかとか。推測だけどおそらくワンアディディアで突っ走った脚本なのかとも思い、その分上映時間も短いのかもと。

■でも面白いんです。スピード感があり飽きさせないし、人質となったゲイツとカイルの力関係が微妙に動いていくのは丁寧に描写されているし、穴は多いけど娯楽映画としては合格点かなと。敵役の投資会社の中の人間関係の動きも面白いし。

■結末がちょっとビターなのは残念だったけど、観て損はないかと思います。

教授のおかしな妄想殺人 [映画]

aaaa46f574a3ff88 (1).jpg

■2016/6/11鑑賞@109シネマズ川崎。日頃からTOHOシネマズ川崎を中心に、チネチッタとこちらの川崎駅チカ三大シネコンをよく利用しているのだけど、一日で三つ廻ったのはたぶん初めてだと思う。今年72本目の洋画39本目。

■今回ネタバレあります。申し訳ありません。

■ウディ・アレン監督の作品は若い頃はそんなに熱心なファンでもなかったのだけど、『ミッドナイト・イン・パリ』以降、毎年一本のペースで作られる作品はなぜか全部観ている。御年80歳、製作ペースが衰えないのは本当に尊敬に値する。

■アメリカ東部の大学に赴任してきた哲学科教授のエイブ(ホアキン・フェニックス)。若い頃は盛んに政治活動やボランティアをやっていたが、最近はずっと欝気味で生気が感じられない。しかしなぜか女性にはモテて、同僚の人妻リタ(パーカー・ホージー)に誘われベッドを共にするがEDのために役立たず。それに学生のジル(エマ・ストーン)は彼氏がいるくせにエイブに好意を寄せてくる。ある時ジルと一緒に行ったダイナーで、後ろの席の女性が悪徳判事に嘆く話を盗み聞きして、判事を完全犯罪で殺そうと思い立った瞬間エイブは人生の目標を見つけた気になり生気に溢れ、EDも回復しジルとも恋愛関係になる。勢い付いたエイブはジョギング中の判事を公園で待ち伏せ、判事の飲み物を毒物入りのものとすり替えて殺害に成功するが。

■ホアキン・フェニックス、『ザ・マスター』のイカれた主人公を想起してしまうが、何というかこの映画ではそこまでスケールはでかくない。力にものを言わせる訳ではなくて、欝気味なだけの小心者のインテリです。エマ・ストーンは『マジック・イン・ムーンライト』に続いての出演で、もうアレン組かもね。

■面白いんだけど、この映画をどう判断すればいいんだろう。エイブは自分が立ち直るためだけによく事実関係も知らない判事を殺してしまう時点で明らかにおかしいが、当初ベタボレでエイブの言うことは何でも聞く、と言った風なのにエイブの犯罪を知った途端オロオロしてしまうジルがバカ過ぎる。本当にバカ過ぎて呆れて笑ってしまうくらいなので、是非映画でご確認ください。

■ジャンルとしてはこの映画、コメディになるのか? コメディとしてもウディ・アレン風の超ブラックコメディである。ここまで書いといてアレだけどさすがに結末は書きませんが、バカバカしくてジルはやっぱりバカです。

■原題は『Irrational Man』、つまり「不合理な男」とでも言えばいいんだけど「おかしな妄想殺人」って邦題になってる。妄想は分かるけど殺人はおかしくないだろ。配給元が未だに70〜80年代のノリで邦題を考えてるのがいいのか悪いのか。

■人を選ぶけど、好きな人は好きな映画。

エクス・マキナ [映画]

8d0950729eda397b (1).jpg

■2016/6/11鑑賞@チネチッタ。今年71本目の洋画38本目。この映画は今年のアカデミー賞視覚効果賞を獲った作品らしい。それとは関係なく前評判が良さそうなので観ることにした。

■世界一の検索エンジン会社「ブルーブック」(Googleかよ!)で働くプログラマーのケイレブ(ドーナル・グリーソン)は社内の抽選に当選し、人里離れたところにある社長・ネイサン(オスカー・アイザック)の別荘に一週間招待される。そこでケイレブは、ネイサンから女性型ロボット・エヴァ(『エヴァンゲリオン』の「EVA」ではなく「AVA」:アリシア・ヴィキャンデル)のAIの「チューリング・テスト」(人工知能としてふさわしいか)を依頼される。

■しかし面白いキャスト。主演のドーナル・グリーソンは『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』の主演俳優だし、『スター・ウォーズ フォースの覚醒』では「ニュー・オーダー」のハックス将軍だったりとか、結構売れてるのかな。アリシア・ヴィキャンデルは言うまでもなく『リリーのすべて』で今年のアカデミー助演女優賞を獲ったいま注目の女優さん。大変お綺麗です。そしてオスカー・アイザックは『インサイド・ルーヴィン・デイヴィス 名もなき男の歌』の主演であり、『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のレジスタンスのエースパイロット、ポー・ダメロンだったりする。『フォースの覚醒』では敵味方だったもんね。

■そして「チューリング・テスト」と言えば『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』の主人公、アラン・チューリングが作ったテストではないですか。

■実はネイサンはケイレブを抽選ではなく敢えて選んだのであり、より深い目論見があった。そんなことを知らないケイレブはしだいにエヴァと親しくなるが、エヴァはネイサンへの敵意が目覚めており、ケイレブに協力を依頼する。

■主要な登場人物(?)がこの3人で、舞台はネイサンの別荘の中が主体なので、やや演劇的なテイストもある話。最初はAIとは何かというような高尚な映画かと思ったのだけど、話が進むにつれてネイサンの別荘の中には女性型ロボットがゴロゴロしてたりとか、SFなんだけどちょっとゲスだったりとかで、小池一夫原作の劇画(画はもちろん叶精作)のような感じになってしまった。ちょっと若い方を置いてきぼりにしてすいません。そんなにいないだろうけど。また、エヴァの部分的に皮膚があってそれ以外は内部のメカが見えているようなデザインは、空山基さんというイラストレーターの描く、女性アンドロイドのデザインにすごくよく似ている。

■これもミステリ要素があるので以降は書けませんが、それこそオレが小中学生の時に読んでいた近未来の残酷なSFって感じです。オレは結構面白かったし、ハマる人はハマると思います。しかしアリシア・ヴィキャンデル、今回も体張ってます。

■しかしGoogleは、公にせずこういう研究を本当にやってそうだ。

64ーロクヨンー後編 [映画]

ebc6df86755ddb92 (1).jpg

■2016/6/11鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年70本目の邦画33本目。前編の『64ーロクヨンー前編』を観たら、そりゃ結末が知りたくて後編も観ますよ。でもさらに堪え性のないわたくしは、前編視聴後原作小説を読んでしまった。なので、「原作と異なる結末」がどうなったのかと知りたかったところも当然あります。

■ただ、前後編はどうしても後編が弱くなってしまうのが世の常だし、前編で原作のエピソードの7割くらい使われているので、密度が低くなってしまうのかという不安は残る。TVCMでも「後編の方が面白い!」と言っているのも自信のなさの裏付けのようにも思えるし、ポスターの「映画史に残る傑作の誕生」というコピーも、「それを言っちゃあおしまいよ」的な。

■群馬県警広報官・三上(佐藤浩市)が記者クラブと一応の融和をみたところに、「ロクヨン」を模した誘拐事件が発生して前編は終わる。刑事部は前言を翻して、被害者を匿名にした上で報道協定を結ぶよう三上に命じる。苦闘する三上だが、実はこの事件には、未解決のままの「ロクヨン」の真の犯人を引きずり出そうとするある力が存在していた。

■以下はネタバレなので略しますが、原作小説では、真犯人は特定されるが「いずれ断罪されるだろう」というところで終わっているので、そこが物足りないと言えば物足りなかった。映画では断罪まできちんと描かれているのでそこは納得だけど、そのために主人公・三上のキャラクターがかなり改変されていたり、ところどころ辻褄が合わないところがあった。原作では重要な役割を果たしている三上の同期の調査官・二渡(仲村トオル)との「陽と陰」の関係が物語に立体感を与えていたのだが、映画(特に後編)では添え物的なエピソードに留まっているのももったいない。あと、前編の息もつかせぬ展開と比べると、後編にはやや冗長な部分が目立っている。前後編の後編の宿命か。

■役者陣は基本的に熱演。榮倉奈々はどんどんいい女優さんになりつつあるし、三上の元上司の捜査一課長・松岡を演じる三浦友和の抜群の安定感。そして、「ロクヨン」の被害者の父親を演じた永瀬正敏がすごく良かった。この人こんなに上手だったっけ?

■ただ、主演の佐藤浩市の演技は力みまくり過ぎでちょっとワンパターン。あと、三上の部下役の綾野剛は、演技力云々より、こういう普通の人の役はあまり向いていないと思う。もっとイカれてたりする役のほうがいいと思います。なので次回作以降の『日本で一番悪い奴ら』『怒り』に期待する次第であります。

■前後編の限界なら三部作、とも思ったがミステリに三部作はあまり適切ではない。やはりドラマシリーズの全五話というのが一番適切なパッケージなのだろう。友人知人でも両方見た人は「ドラマ版の方がいい」との声多数。そろそろNHKオンデマンドでドラマ版を拝見することにいたします。

探偵ミタライの事件簿 星籠の海 [映画]

poster2 (3).jpg

■2016/6/5鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年69本目の邦画32本目。

■玉木宏(幼少時のアダ名は「たまきん」)は芝居も上手だと思うし、何よりも声がいい。その割には作品に恵まれず、ドラマ・映画の『のだめカンタービレ』以外はこれと言った代表作がない。すいません個人の感想です。で、玉木くんと広瀬アリスが出ると知り観ようと思ったのが発端。4月末の飲み会で、先輩が「広瀬姉妹ってエロいよな〜」と言ってたしオレも同意なので。すいません少しウソです。映画を観た土日に帰省してて少し疲れたので、これは映画でも観てリフレッシュして帰ろうと思ったら、時間帯に合ってたのがこの映画だった訳です。時間をずらすほど気力体力が残ってなかったので。

■原作は島田荘司の推理小説『星籠の海』。探偵御手洗潔シリーズの一作ということだけど、未読かつ島田荘司さんの作品は全く読んだことがない。それほど推理小説を読まないということもあるのだけど。ただ、漫画化された「モーニング」での連作「探偵ミタライシリーズ」は読んだし、昨年同じく玉木宏主演のドラマ『傘を折る女』は見たことがある。

■「脳科学者、趣味:探偵」の御手洗(玉木宏)に、友人で相棒の作家・石岡から紹介された編集者・みゆき(広瀬アリス)が訪ねてくる。石岡に新作を書いてもらいたいみゆきは、その元になる事件を探し解決してもらいに訪れた。愛媛県・興居島にこの半年の間に6体もの死体が流れ着いた謎を解いて欲しいということだった。興味を示した御手洗はみゆきとともに興居島に向かうが、死体の出先は広島県徳山市ということを確認し、二人は徳山に向かう。

■ミステリなので以下は全部略。島田荘司さんの作品は全く読んでないのであれこれ言えないけど、トリックがかなり後付けな印象が。何より、映画化にあたり、ホームズにおけるワトソン的な役割の石岡が全省略され、みゆきのキャラクターが新設されたがほぼ何の役にも立ってない。そりゃまあ、映画にするのに華は必要だと思うけど。演技云々ではなくて広瀬アリスが可哀想。妹はスターダムを驀進中なのに。

■瀬戸内海の風景は懐かしいにしろ(愛媛出身っす)、久々に観て後悔した映画でした。玉木宏も広瀬アリスももったいない。役者を活かせるのは、当たり前ながら演出・脚本次第ですよ。

デッドプール [映画]

poster2 (2).jpg

■2016/6/1の公開時(ファーストデイ)にレイトショーで鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年68本目の洋画37本目。

■この映画、マーベル・コミックの『X-MEN』シリーズに出てくる脇役の「デッドプール」が主役の映画とのことですが、アメコミの映画化大好きなわたくしにしては珍しく『X-MEN』シリーズは全く観ておりません。なので、わたくしの中ではヒュー・ジャックマンは「ウルヴァリン」ではなく、あくまで『レ・ミゼラブル』の「ジャン・バルジャン」であります。何だこの軍人調。という訳で事前知識なし。

■同じマーベルですが『X-MEN』シリーズの配給は20世紀フォックス、最新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を始めとする、世界観を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの配給はディズニーと会社が違ってるので、「マーベル・シネマティック・ユニバース」にデッドプールが登場するのは今のところないはずです。先は分かんないけどね。

■ウェイド(ライアン・レイノルズ)は元傭兵で揉め事を処理する便利屋。ある時ウェイドは娼婦ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)と知り合い恋に落ちるが、その後末期ガンと診断される。それを治癒する方法があると知らされたウェイドは、フランシス(エド・スクライン)という男のラボで治療を受けるが、実は人間兵器への改造手術で、そして兵器として売られるということに気づき反逆し脱走する。不死身の「デッドプール」と化したウェイドはフランシスへの復讐を試みるが、事前に察知したフランシスにヴァネッサを拉致される。

■大変なネタバレ申し訳ございません。アクションも凄いけど、ウェイドの軽口と下ネタ全開の映画でございます。なのでネイティブではない我々日本人には理解しきれないジョークも多く、一説によると吹替で観たほうがいいかもという話も。

■面白いんだけど、前述のアメリカン下ネタジョークが日本人にはそんなに受け入れられないだろうと言うことと、あと、最初に中盤のクライマックスを持ってきてその後過去に遡る脚本構成が、バカ映画を狙うにはちと適切ではなかったかなと。そこが一番残念かな。あと、日本の興行宣伝側の問題だけど、デッドプールの一人称が「俺ちゃん」ってどうよ。俺を含めた一人称としては「俺っち」「俺ら」とかはあるけど、わざわざ新しい一人称を造語するほどの話かね。全部「俺ちゃん」って字幕ではないけど、他の「俺」も、音声を確認してもすべて「I」なんだけどね。これは勇み足過ぎです。

■でもまあ、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の数分の一の制作費で興収は肩を並べそうというのは面白い。メジャーレーベルでもいろいろ内部の争いはあるということですね。楽しい。

ヒメアノ~ル [映画]

img_0_m.jpg

■ジャニーズの人が入っている映画ポスターをアップしようとすると、非常に困難なのは以前にも書いた通り。今回も探しました。そろそろネットでの自社タレントの画像アップを禁止するというのは、時代に合ってなくないですかジャニーズさん。でももしクレームが来たら速攻で画像は削除するというチキンなわたくしですが。2016/5/28鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年67本目の邦画31本目。

■原作は古谷実さんの同名漫画。古谷さんの作品は『行け!稲中卓球部』というシュールなギャグ漫画が代表作だけど、映画化された大傑作『ヒミズ』以降はかなりダークな作品が多い。吉田恵輔監督の作品は、佳品『麦子さんと』に続いて2本目。

■ビル清掃会社でアルバイトとして働く岡田(濱田岳)は、先輩アルバイト・安藤(ムロツヨシ)が思いを寄せるユカ(佐津川愛美)との橋渡しを頼み込まれ、ユカの働くカフェに連れられて行く。そこで偶然、高校の同級生・森田(森田剛)と再会する。かつてはいじめられっ子だった森田は恐るべき変貌を遂げていた。恋仲になったユカに森田がストーキングしていることを相談される岡田。サイコキラーと化した森田に対峙せざるを得なくなるが。

■濱田岳は毎度おなじみの安定感のある演技力。ムロツヨシもいつもながら上手だし、何と言っても森田剛が怖すぎる。実年齢では10歳違う森田剛と濱田岳が同級生というかなり無理な設定も軽く乗り越えてしまっている。これもどっかの映画賞で主演男優賞を獲ってもおかしくないレベルの演技。この人もジャニーズなのに毒性が強いな。なお、佐津川愛美は、ちょっとエロい普通の女の子という設定で、実際結構エロかった。

■残忍なシーンが多いのでR15+指定になっているが、原作漫画の内包する底知れぬ不気味さを映画で描ききれてなかったような気がする。あと、最後を少し綺麗にまとめてしまったところも残念。もっとぶった切るようなエンディングで良かったのではないかな。


マイケル・ムーアの世界侵略のススメ [映画]

poster2 (1).jpg

■最近いろいろと滞ってて映画の感想のアップが遅れている。ごく一部の方には期待して頂いてるようだけど、大部分の方はそうでもないと思うので、基本的にマイペースでやっております。2016/5/28鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年66本目の洋画36本目。

マイケル・ムーア監督がどの程度日本でメジャーなのかはよく分からない。ただ、ハリセンボンの近藤春菜が「マイケル・ムーアじゃねーよ!」(似てる)とネタで使ってるのはあるけど、ドキュメンタリー系の監督だし、映画にあまり興味のない人にはピンと来ないのではないかなとも。そのネタ由来で、宣伝キャラクターとしてハリセンボンが使われてるけど、そこにインフルエンスがあるのかどうかは疑問。

■マイケル・ムーア監督の映画を劇場で観るのは久しぶり。以前このブログで書いたような気はするが、当時の同僚の某嬢と、定時後速攻で抜けだして休止前の「恵比寿ガーデンシネマ」で『ボウリング・フォー・コロンバイン』を観た。当時の勤務先は六本木だったので、恵比寿まで地下鉄で二駅だったのも幸いしたんだけど。すごく刺激を貰いました。

■今作はアメリカの軍事力行使に限界を感じたムーア監督が、国防省に呼ばれ武力以外の方法で世界征服を提案するが、主に欧米圏の諸外国で「アメリカの常識は世界の非常識」というのを知る話。小学校の給食がフルコースだったり、シエスタ取り放題だったり、麻薬使用が刑罰でなかったり、豪華過ぎる刑務所だったりとか。

■面白い話なんだけど、まずアジアについては全く触れられていないし、現在国際社会で問題になっている欧米圏とイスラム社会の価値観の違いから起きている紛争には、限定的にしか触れられていない。もちろん一本の映画に万能感を求める事自体が間違いなんだけど、そのへんは若干物足りなさは残った。でも映画としては結構いい。

■ムーア監督の力量もさることながら、過去の映像を効果的に引用するところが相変わらずいい。エンドロールを観てたら「アーカイブ・ディレクター」という役割の方がいらっしゃるようで。名前失念したけど。

■今後も注目していきたいと思います。あと、日本のドキュメンタリー監督というと、想田和弘さんという方がいらっしゃる。何本か拝見したけど『演劇1・演劇2』や『選挙』は素晴らしかった。自らの作品を「観察映画」と呼び、ご自分のスタンスはあまり出さないようにしているよう。でも、ネット(ツイッターやブログ)では現政権を強烈に批判している。だったらそれを映画にしてよ、というのはわたくしのワガママなんでしょうか。

■脱線申し訳ございません。

メッセージを送る