So-net無料ブログ作成

クソ野郎と美しき世界 [映画]

640 (1).jpg

■2018/4/7鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年26本目の邦画10本目。

■元SMAPでジャニーズ事務所を退所した3人(稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾)の3人が主演の4部構成のオムニバス映画。しかも2週間限定のトリッキーな公開。まあでも好評で、続編制作が決定したとか。

■SMAPは数多くのヒット曲もあるし、ここ20年くらいの世の流れに密接に関わっているので、興味がない訳ではないが、別にファンではない。だいたい男性のジャニオタは少なくともオレの周りにはいない。でも観たのは、各パートの監督が、園子温・山内ケンジ・太田光・児玉裕一となんか気になる布陣だったからだ。作品を観たことがあって気になるのは園子温と山内ケンジだけ。太田光は言うまでもないが爆笑問題の人で、結構前に『バカヤロー!4』(これもオムニバス)の中の1編を監督したというのは知ってるが未見。この人、お笑いとしては好きだけど、小説や映画監督とかいろいろやってるけど、お笑い芸人の先達や後輩(まあ、分かると思いますが)と比べて不発感がある。最後の児玉裕一監督の作品も初見だが、実はこの人、オレの出身大学の後輩ということが判明。もちろん面識なんてないけど、地方の地味な国立大なのでこういう職種の人は極めて珍しい。なので興味を持って観ることにした。

■いつもならあらすじを書くところだが止めておく。園子温・山内ケンジは通常の作品のように人を食った演出が光る。太田光の作品は初見だが、思っていたより良かった。そして、稲垣吾郎と草彅剛の演技力、そして香取慎吾のエンターティナーっぷりは素晴らしかった。

■ただ映画としての完成度は別で、オムニバスの場合、最後の各作品のリンケージがオレは大事だと思うんですよね。個人的な意見ですが。それが(全く感じられないわけではないが)弱かったのが残念です。なので、全体としてはあまり評価しません。

■しかし元SMAPの才能はやはり凄まじく、民放各局がジャニーズ事務所に忖度して、彼らの事務所在籍時と比べて極端に露出が減っているのが凄く勿体無い。

■もっと自由にやろうよ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る