So-net無料ブログ作成

ビジランテ [映画]

fbc3912d005f890e (1).jpg

■2017/12/10鑑賞@テアトル新宿。今年107本目の邦画41本目。

■本作の入江悠監督は『SR サイタマノラッパー』シリーズ3部作で世に出た人であるが、勢い込んで東京に出てきたものの結局金策に困り実家に戻ったこともあったらしい、という苦労人の監督。しかし近年は『ジョーカー・ゲーム』や2017年公開の『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』が大ヒット。一躍人気監督の仲間入りを果たした。だが入江監督の中では『SR サイタマノラッパー』のような独自企画の作品が作りたいという気持ちが強く、2017年初には、テレ東でドラマとして『SR サイタマノラッパー マイクの細道』を手掛けている。『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』の公開時に、「次回作で出資が集まらずクラウドファンディングを考えている」というニュースを読んだが、今作公開後の篠田麻里子のインタビューで「2017年の初仕事がこの映画の撮影でした」というコメントがあったので、とっくに解決したかまたは別の作品の話だったようだ。

■舞台は埼玉県の地方都市。実際は入江監督の出身地の深谷市のようだが、仮名が使われている。地元の有力者で市議会議員・神藤武雄(菅田俊)は家族に対しても絶対的な強権者だった。反発を覚えた長男一郎(大森南朋)は父親を刺しそのまま出奔する。同じく反感を抱いていた二郎(鈴木浩介)、三郎(桐谷健太)はそのまま武雄のもとに残る。

■数十年後、武雄が亡くなる。二郎は父の跡を継ぎ市会議員になり、美貌の妻・美希(篠田麻里子)との間に男の子を設けている。三郎はデリヘルの雇われ店長。父の遺産も相続する気もなく、二郎に任せようとしている。そこに突然、行方不明だった一郎が現れ、自らの相続権を主張するが、その土地には市議会の重鎮で利権を狙う岸(嶋田久作)が確保しようとした土地が含まれていた。また、三郎の経営しているデリヘルの上部組織のヤクザたちもその土地を狙っていた。

■すんげえ泥臭い話。もちろん都会だろうが地方だろうがヤクザの方は全国満遍なくいらっしゃるというのは知ってはいるが、東京とこれだけ近い埼玉でもこういう話があるのは、四国の田舎者としては違和感がある。もちろんオレがズレてるだけなんだけどね。

■でも凄い。全体に渡る熱量がもの凄い。「熱量が凄い」と言うと技術はイマイチなのかととらえる向きも残念ながらあるけど、安定した技術があってこそ熱量は伝わるのだ。脚本も入江監督なのだが、敢えて筋を明快にしないで(なぜ一郎が戻ってきたかとか)話の流れを最大に活かす意図があったのかと思う。

■役者陣も凄いなあ。大森南朋の怪演も凄いし、ピタッとハマる鈴木浩介も。クレジット上ではトリプル主演なんだけど、実質の主演は桐谷健太ではないかと。とにかく圧倒的な熱量に参った映画でした。少なくともオレが生きている間には、地方と都市の格差はずっと重要なテーマなので、入江監督にはこのテーマでもずっと撮り続けてほしい。

■おまけ。「篠田麻里子の濡れ場がある」というのがこの映画の鑑賞目的のひとつでした。前半でさくっと出て、全然大したことありませんでした。スケベで大変申し訳ございません。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る