So-net無料ブログ作成
検索選択

20センチュリー・ウーマン [映画]

32f5c5d659e33cf8 (1).jpg

■2017/6/11鑑賞@109シネマズ川崎。今年51本目の洋画34本目。

■最初にヨタ話を。オレがこのブログを書いている最大の目的は、衰えつつある自分の記憶の補完です。どんないい映画を観てもメモがなければ、ほぼ自分の記憶は残念ながら薄れていく。画像もそうですね。昔はスマホもデジカメももちろんなかったので、写真を残すには今よりもハードルは高かったんだけど、高校生の時には親に買ってもらったフィルムカメラを持っていた。でも20代くらいまでのオレは、「写真に撮らなくても本当に大事な画像は心のファインダーに残るはずだ!」というアホみたいな思い込みがあってあまり写真を撮らなかった。でもね、「心のファインダー」なんてフォルダはあっという間に壊れるんですよ、と今なら若いオレを説教したい。

■二つ目の目的は、自分が観て面白かった映画を人に薦めたく、感動を共有したいから(いや、ボロクソに書いてる映画も結構ありますが)。だからなるたけ映画を観たら感想を早めにアップするようにしていたのだけど、最近は諸般の事情でかなり遅く、この映画なんて書いてる現在では上映館がほぼない。しかも公開ちょっと後なのでDVDとかで見てとも言えない最悪のタイミングです。全然目的に合ってない。

■閑話休題。1979年のアメリカ・サンタバーバラ。高齢出産をしたシングルマザーのバーシア(アネット・ベニング)は15歳の一人息子・ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育方針に困っていた。バーシアの家に寄宿するパンクな写真家・アビー(グレタ・ガーヴィグ)、便利屋のウィリアム(ビリー・クダラップ)、そしてジェイミーの幼馴染で、ジェイミーが密かに心を寄せているジュリー(エル・ファニング)の助けを請う。主に彼らをめぐるひと夏の物語。

■主人公のバーシアの年齢は55歳で、今のオレの年齢と似通っている。そしてオレは1963年生まれなので、ジェイミーの年齢設定とほぼ同世代だ。あまり予備知識を持たずに観に行ったので、冒頭でそれが分かった時点で「これはのめり込むかも」と思ったのだが、結果的にそうでもなかった。考えてみたら当たり前の話で、同じ1979年と言えど、サンタバーバラと日本の四国のど田舎では環境が違い過ぎる。

■なので、あまりのめり込んで観ることはできなかったが、時間を置いて再見したい気も。これ書いてる時点で映画館での上映はほとんど終わってしまったので、いずれレンタルででも。上手く言えないが、親しみは感じられなくても「たまに親戚の寄り合いとかで会う、あまり気が合わない従兄弟」くらいの微妙な親近感がある。

■劇中で繰り返し流れる『As Time Goes By』の支配力も凄いものがある。というより、オレの脳内で『カサブランカ』の支配力がいまだに強いということなのかも。

■ハマる人はハマる映画かなとも思うので、機会があればぜひ。もう映画館でやってなくてすいません。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る