So-net無料ブログ作成
検索選択

メッセージ [映画]

178447f10bcc4f9f (1).jpg

■2017/5/20鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年44本目の洋画31本目。

■本作の監督のドゥニ・ヴィルヌーブは、SF映画ファンの98%(オレ調べ)が期待している『ブレードランナー』の続編で今秋日本でも公開される『ブレードランナー2049』の監督だ。しかも前作『ボーダーライン』もとても面白かった。予習も含めてそりゃ観るよな。

■世界各地に半円形の謎の宇宙船が同時に現れる(なぜか日本では北海道:笑)。娘を亡くし悲嘆に暮れている言語学者・ルイーズ(エイミー・アダムス)の元に米軍大佐のウェバー(フォレスト・ウィテカー)が協力を依頼するために現れる。彼らとのコミュニケーションが取れず来訪の目的が分からないため、言語学的な解析を依頼するのが目的だった。現地で合流した数理学者イアン(ジェレミー・レナー)とともに、宇宙船の中にいる生命体「ヘプタポッド」との対話を試みるが、音声での会話は上手く行かず。しかしヘプタポッドが表示する図形が「言語」だと認識できたルイーズたちは、徐々にヘプタポッドと対話を進めていく。

■正直言ってSF映画の割には映像が限られていて、アメリカのどっかの郊外の緑地、宇宙船の内部、そして現地のキャンプとそうそう多彩ではない。しかも特に前半部分はヘプタポッドの「言語」の解析に費やされ、話がまだるっこしいと思う人もいるかも。でもオレは一応大学では文学部という、言語を扱う学部に在籍していたこともあり(専攻は社会学だけどね:笑)。言語学の授業も取っていたと思うので共感できる部分大。特に「使う言語はその人の思考回路を支配する」(たぶん)という台詞には唸らされた。

■そして(ネタバレを省いて)ルイーズの能力が覚醒してからの怒涛の展開はまさに涙もの。「ああ、こういうことを伝えたかったんだ」と結構涙腺が緩んだ。加齢だけどな。

■特に前半部分では、ぼーっと観てると理解できない部分も多いので、脳を疲れさせる映画だと思うけど、お薦めです。ただ毎度のことながら、原題が『Arrival』なのになんで邦題が『メッセージ』なんだ。バカか。ABBAのアルバムに配慮でもしたのか!(古くてすいません)。ま、原題自体、原作小説の『Story of Your Life』から改題してんだけどね。

■観た知人友人の中では、不満な方もいらっしゃったようで。どう説明すべきかしばらく考えていた。ある時これは、21世紀の『未知との遭遇』、なんだと思い至り腑に落ちた。

■傑作。是非観てね。オレももう一回観て飯をおかわりしたいです。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る