So-net無料ブログ作成
検索選択

カフェ・ソサエティ [映画]

d1534a7c3cc7e852 (1).jpg

■2017/5/5鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年36本目の洋画26本目。クリント・イーストウッドと同じく、齡80を超えても年一作のペースで作品を発表し続けるウディ・アレン監督。最近の彼の作品は毎年観ている。

■1930年代のハリウッド。夢を抱いてNYから来た青年・ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、映画業界の大物エージェントの叔父・フィル(スティーヴ・カレル)のもとで雑用係として働く。ハリウッドに明るくないボビーの案内をしてくれたのはフィルの秘書・ヴェロニカ(ヴォニー)(クリステン・スチュワート)。ボビーはヴォニーに恋心を抱くが、彼女には「ジャーナリストの恋人」がいた。ヴォニーが恋人と別れたのを知ったボビーは再度ヴォニーにアタック。晴れて二人は恋人同士になるが、実は「ジャーナリストの恋人」は叔父・フィルだった。妻と別れても復縁を迫るフィルの許に結局ヴォニーは戻る。

■失意のままNYに戻ったボビーは、ギャングの兄がオーナーのカフェの支配人として働く。そこで客・ヴェロニカ(ブレイク・ライブリー)と出会い恋に落ち結婚する。そこにフィルがヴォニーを連れて来店。数年ぶりに二人は再会するが。

■『ソーシャル・ネットワーク』ではザッカーバーグに鬼気迫る寄せ方をしたジェシー・アイゼンバーグだが、今回は脇役にも見えてしまう希薄な存在感(いい意味で!)を醸し出している。二人のヴェロニカもともに美しい。最近のウディ・アレン映画では常連だったエマ・ストーンが出ていないのはちょっと寂しいけどね。

■ウディ・アレンは今までフィルム撮影にずっと拘ってきて、今回が初めてのデジタル撮影作品だそうです。それを勧めたのが若手の撮影監督ではなく、『地獄の黙示録』『ラストエンペラー』などで知られる超大物撮影監督、ヴィットリオ・ストラーロだというのがとても面白い。ちなみに初コラボとのこと。この画像の美麗さには正直参りました。すぐれた色彩設計と、ハリウッドが舞台であること、前半のストーリーの類似性などから、「大人のラ・ラ・ランド」と評する向きもあるようだが、半分同意で半分不同意ってところかな。

■裏でギャングの兄がガンガン人殺してたりとか、ボビーがユダヤ人とかの毎度おなじみのアレン節もあるのだが、結末を観客の想像に任せる余韻を持たせた終わり方とかもあり、ここ数年のアレン監督の作品では一番いい。根幹のテーマはあまり変わらずとも、毎年面白い映画を観せてくれるウディ・アレン。これからもご健在で、もっと楽しい映画を観せてくれますように。

■お薦めです。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る