So-net無料ブログ作成
検索選択

帝一の國 [映画]

1a8446c6ed7de328 (1).jpg

■2017/4/30鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年32本目の邦画8本目。

■菅田将暉、野村周平などなど若手イケメン大集合、というか男だらけの映画。残念ながらわたくし男色の趣味はないし、今作の永井聡監督の以前の作品(『ジャッジ!』『世界から猫が消えたなら』)があまり面白くなかったので、もともと観るつもりはなかったが、繰り返し流れる予告編が面白そうだったので観ることにした。フリーパスポートだしね。

■原作は古屋兎丸の同名漫画。未読。時代は昭和。日本一のエリート高校・海帝高校(開成がモデルなんかな?甥が通ってたけど)で生徒会長になった者は将来の内閣入りが約束されているという。主席で入学した赤場帝一(菅田将暉)はOBで生徒会長になれなかった父・譲介(吉田鋼太郎)の応援を受けつつ、仇敵・東郷菊馬(野村周平)や苦学の爽やかイケメン・大鷹弾(竹内涼真)たちと競いつつ、恋人・美美子(永野芽郁)の応援を受けながら生徒会長を目指し突き進んでいく。

■もちろん真面目な話ではなくて、政界をカリカチュアライズしたコメディです。そもそも現職総理大臣の母校がどこかと考えたら、そんな話絶対ないでしょ(笑)。詳しくは観ていただきたいのだけど、爆笑につぐ爆笑。支持層獲得のために校庭で「マイムマイム」踊ったりするか(爆)? その他にも小ネタ満載。非常に笑わせていただいた。最後はやや力技で落としたところもあるけど、ブレずに一直線でやれば、どんなテーマでもだいたい面白くなるのかな、と。

■大変楽しい娯楽映画なので、食わず嫌いの方もお薦めです。実際ヒットしてるし。それにしても菅田将暉すげえな。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る