So-net無料ブログ作成

T2 トレインスポッティング [映画]

91bd3db08d82511f (1).jpg

■2017/4/16鑑賞@チネチッタ。今年27本目の洋画21本目。

■1996年の映画『トレインスポッティング』の20年ぶりの続編。しかし加齢とは哀しいもので、前作の大まかなあらすじは覚えているとは思っていたが、記憶力に自信がない初老なので、huluで配信されているのを再見。記憶を蘇らせました。ビバネット配信。ユアン・マクレガーの出世作でもある。まさかこのあとオビ=ワン・ケノービにまで成り上がるとは。なお、監督のダニー・ボイルのファンと言うわけでは別になく、このシリーズ以外は昨年公開の『スティーブ・ジョブズ』とあと、アカデミー賞を作品賞・監督賞他多部門で受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』くらいしか観てない。薄い、薄いよ。でも舞台のような構成の『スティーブ・ジョブズ』は凄かったな。

■前作の麻薬取引で得た金を独り占めして逃げたレントン(ユアン・マクレガー)はアムステルダムで暮らしていたが、20年ぶりにスコットランド・エディンバラに戻ってくる。最愛の母はすでに亡く、実家では老いた父が一人で暮らしていた。気弱なジャンキー・スパッド(ユエン・ブレムナー)は自殺しようとするところをレントンに止められ、シック・ボーイ/サイモン(ジョニー・リー・ミラー)は表向きはパブをやりながら売春とゆすりをやっている。レントンに恨みを持つ服役中のベグビー(ロバート・カーライル)は刑期中に脱獄する。

■ボイル監督の演出は前作同様とてもテンポが良く、劇伴との絶妙なマッチングも相変わらず。何より凄いのは、主要キャストが同じなのでみな残酷にも年を取っている。見た目だけで言うと(大変失礼)、いい年の取り方をしているのはユアン・マクレガーだけだ。でもそれは、オレのように30前後で前作を観て20年経ったすべての観客にも言えることなのだ。

■ネタバレはしないけど、この連中、まったく進歩しない。別物になろうとしても20年経ってまったくなれていない。でもそれでもいいんだ、という間違った安心感を感じてしまう、ドラッグのようなまずい作品でもある。

■でも今のところ、今年のオレ的洋画ベスト5には入りそう。ただ、前作を観ていない20〜30代の人にはあまり響かない映画かもしれない。セグメント限定だけど、映画と同じ時代を生きてきたと感じさせる素晴らしい映画。

■今作が前作の20年後だったので、もし続編があるとしたらさらに20年後の『T3』じゃないかと妄想したのだが(原作はガン無視で:笑)、監督もオレたちも生きてないかも知れない。でももしあれば是非観たいな、と無駄な長生きの決意をしたのであった。

■超お薦め。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

メッセージを送る