So-net無料ブログ作成
検索選択

SING/シング [映画]

5c5526c8a2803f83 (1).jpg

■2017/4/16鑑賞@チネチッタ。今年26本目の洋画20本目。

■このブログを読んでいただいている方は薄々ご存知だとは思うけど、書いているわたくしは基本的に馬鹿なミーハーである。アニメ作品はもともとそんなに大好きな訳ではないので、当初はこの作品を観る予定はなかった。『モアナと伝説の海』を先月観たので、アニメは当分いいかな、くらいのつもりで。しかし今作、日本での公開後4週連続興収1位だとか。いくら春休みはアニメが強いとはいえ、これは観ておいた方がいいかなと。そして『君の名は。』に続いて最近声優づいてる長澤まさみが今作でも吹替を担当しており、歌まで披露しているとの話を知りちと興奮。年初の長澤主演舞台『キャバレー』のチケットが取れず行けなかったので。ミュージカルということにも若干食指が動いたし。

■という訳で、基本洋画は字幕で観るわたくしですが、今回は吹替版で観ることにした。川崎じゃそのほうが楽だしね。なんでキャストの声は吹替版の俳優で記します。主演はマシュー・マコノヒーだったり、スカヨハも出てるらしいけど。

■倒産寸前の劇場「ムーン・シアター」の支配人、コアラのバスター・ムーン(内村光良)は、歌唱コンテストをすることでなんとか盛り返そうと試みるが、秘書のミス・クローリー(田中真弓)の手違いで、優勝者の賞金が1,000ドルのところ、10万ドルと書かれた宣伝のチラシが配布されてしまう。それ目当てにハツカネズミのマイク(山寺宏一)や、引っ込み思案のゾウ・ミーナ(MISIA)、ヤマアラシのパンクロッカー・アッシュ(長澤まさみ)など、一攫千金を狙う動物たちが集まってくる。その他は大橋卓弥(スキマスイッチ)、トレエンの斉藤さん、大地真央などなど。

■主人公ムーンの無駄にポジティブな性格設定とか、正直ディズニーアニメと比較すると脚本の詰めが甘いので最初なかなか乗れなかったが、新しめのテイラー・スウィフト、ビヨンセ、レディー・ガガから懐かしのビートルズ、ビング・クロスビー、エルトン・ジョン、ワム!に至るまでの有無を言わせない音楽の力で途中からグイグイ魅せてくる。ミュージカルはミュージカルなんだけどすげえ力技。

■その中で素晴らしかったのは長澤まさみ。長澤まさみの役の本来の声優はスカヨハなんだけど、負けず劣らずの歌声を披露している。以前『若者たち』というドラマ(まあまあコケた)の中でリサ・ローブの歌を弾き語りしていたので上手だとは知っていたが、いや本当に上手い。改めて舞台『キャバレー』を観たかったなと。

■なので、オレ的には今年のトップ5に入るとかそういう作品ではないけど、普通に面白いと思います。GWに向けて一ヶ月フリーパスポートを発動しようと思っているので、字幕版(オリジナル)を観に行くかもしれません。値段分の価値はあり。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 2

non_0101

これは字幕で観てしまいました(^^ゞ
吹替版も人気ですよね。
きっとDVDを買うので、チャレンジしてみたいです☆

by non_0101 (2017-04-23 21:40) 

sochi

non_0101さん、吹替版も楽しいですよ。
でも字幕版も観てみたいです。
by sochi (2017-04-24 22:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る