So-net無料ブログ作成
検索選択

王様のためのホログラム [映画]

640 (1).jpg

■レイトショーにて2017/2/15鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年12本目の洋画10本目。

■トム・ハンクスもたくさん作品を観ている俳優のひとり。ただ、大ファンというわけでもないので、全作品をカバーしている訳でもなく、観たいと思った作品限定。今作は予告編が面白そうだったので。

■大手自転車メーカーの役員だったアラン(トム・ハンクス)は業績悪化の責任を取らされ会社をクビになり、妻とも離婚し持ち家も娘の養育費のために売却してしまい一文無しになる。残ったのは生産ラインの海外移転のために現地従業員を大勢解雇した苦い思い出。トランプ大統領が喜びそうな話である。

■やっとの思いでIT企業に再就職したアランに与えられたミッションは、サウジアラビア王国に3Dホログラムを使った遠隔会議システムを売り込むこと。現地に着いてみるとオフィスはボロテントで冷房もなく、WiFiもつながらない。しかも王国側の担当者にはなかなか会えないし、国王と面会できる見通しも立たない。手詰まりのアランの背中にはなぜかコブのようなものができて(砂漠だからじゃないだろうな?)その治療で現地の女医サリタ(ザーラ・ハキム)と知り合うが。

■いつものトム・ハンクス作品のような大作ではなく、さほど予算もかかってないような印象。でも予告編では結構ほっこりするような話だと思っていたのだけど、今回も予告編マジックに騙されました。サウジアラビアの現地ネタとか、細かく笑えるエピソードはいくつかあるのだけど、そのエピソードが有機的につながってなくて着地点もよく分からなかった。

■まあ、そんなにひどい映画でもないので、トム・ハンクスのファンの方はどうぞ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る