So-net無料ブログ作成
検索選択

下衆の愛 [映画]

poster2 (1).jpg

■2016/4/17鑑賞@テアトル新宿。今年43本目の邦画18本目。

■この映画の存在自体知らなかったのだけど、諸先輩方激賞の映画ということで観ることにしたのだが、なんと東京ではテアトル新宿のみの公開で、かつ一日一回で上映は4/22までというすごいハードルの高さ。なので日曜夜の上映になんとか潜り込んだ。なお、現時点では東京の別の映画館でも観れるのですがそれはのちほど。

■主演は渋川清彦。バイプレイヤーとして知られてるし、TVドラマにも結構出てる。なんと現在放送中の月9『ラヴソング』にも出演中。台詞あんまりないけど。TVドラマでは例えるとパセリのようなアクセント的な役が多いが、映画では強烈なキャラクターのバイプレイヤーで印象がきちんと残る。その他の出演者は、でんでん・細田善彦・内田慈・古舘寛治・木下ほうか・忍足修吾・津田寛治などなど。言ってみれば脇役オールスターズのような布陣で、この人たちがいなければ現在の日本映画やドラマは成り立たないということは間違いない。監督の内田英治さんはこの作品が初見、というか存じ上げておりませんでした。申し訳ない。

■最初に撮った作品が賞を獲っただけであとはまともに映画を撮ってない、自称映画監督で実際は未だに実家に住んでいる40歳を目前にしたパラサイトニート・テツオ(渋川清彦)。俳優志望の若者から怪しげなワークショップで日銭を巻き上げ、助監督・マモル(細田善彦)や脚本家志望のケン(忍足修吾)からも金をかすめ取り、女優志望の女をたびたび部屋に連れ込むというまさにゲスな生活を送っている。その中で女優志望のミナミ(岡野真也)と出会い、彼女の才能を認め、変わらずゲスなアプローチしつつも本気の映画製作に動き出す。

■以降の話は映画で確認していただくとして、主人公のテツオをはじめ登場人物のほとんどがゲスでクズ。じゃ、陰惨な話になるかというとそうでもなくて、エロくてゲスだけどかなり笑えるという非常にエンタメ性の高い映画なのです。ストーリーの流れにも緩みはなく最後まで一気呵成に観させてしまう構成だし、登場人物はみんなクズなのに映画への愛は本物と感じさせてしまうところも凄い。しかも話のオチにもやられてしまった。

■渋川清彦はもちろんのこと、女優陣の岡野真也、内田慈(売れない女優:響子)も光った。っていうか芝居が下手な人がほとんどいないという珍しい映画。制作費はあまりなかっただろうけど、これは内田英治監督の人望なんだろうか。

■エロい映画なのになぜかR指定がなかったのだけど、この映画そもそも映倫審査を受けていないらしい。インディーズだからということなんだろうが、劇場で上映するのに映倫審査は必要ないのだろうか? その辺不明なのでご存知の方はご教示頂けると幸いです。

■上映後に内田監督とサブキャストのトークイベントがあったのだけど、全員名前存じ上げませんでしたすいません。カラテカ矢部がMCのせいか、インディーズだったせいかは知らないけど、通常のトークイベントではありえない「オ◯ニー」「ウ◯コ」などの下品ワード連発。でも、俳優さんのひとりが、「劇団の主宰者で女優を食っちゃう人を最低一人は知ってる」と(笑)。最後まで気を抜けなかったわ。

■大変面白い映画なので是非劇場で観て欲しい。テアトル新宿での上映は終わってしまったけど、東京地区ではキネカ大森で4/30から2週間の上映が決まったそうです。テアトル新宿より上映回数は多そうなので、公式サイトでご確認を。東京以外の方々は映画公式サイトをご参照ください。

■おやおや、なんでオレはこんなに熱心にこの映画を薦めてるんだろう?

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

alanozo

初めまして、Google検索で立ち寄りました。
3月末に地元さいたま市の岩槻映画祭(←映像製作会社の自主企画)で流したものの時間が合わず、仕事後の新宿レイトショーは疲労で耐えられずで、漸く昨日大森で観れたところです。
レビューは映画.comに上げてますが、細かいところに目を瞑れば面白見のある作品でした。
ちなみに、映倫通過の要否は上映館判断のため、スルーでも上映は可能です。観たところ局部は映っていないので(苦笑)、台詞と動きから製作側でR-15相当のレベルに自主規制していると思います。
ただし自主規制が機能せず局部の描写があると、製作者も上映館も刑法175条のリスクが伴うため、性的描写がある作品は映倫をパスしない駄目という上映館(シネコンや成人映画館)が殆どです。
by alanozo (2016-05-01 19:46) 

sochi

alanozoさん、コメントありがとうございます。
映倫の情報もありがとうございました。これ、いい映画ですよね。
by sochi (2016-05-02 09:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る