So-net無料ブログ作成
検索選択

俺物語!! [映画]

poster2 (1).jpg

■2015/11/01鑑賞@TOHOシネマズららぽーと横浜。今年81本目の邦画43本目。

■最近は「カメレオン俳優」とか「和製ロバート・デ・ニーロ」(これは言いすぎかも)と言われている鈴木亮平主演作。作品により大幅な体重の増減を行うのがその理由らしい。主演作は今まで2本観ている。『HK 変態仮面』と『TOKYO TRIBE』。脇役で出ている作品(『海街diary』『ホットロード』とか)は割合普通の人の役なのに、主演作は今作も含めて変な人の役である。『HK 変態仮面』のヒロインは朝ドラ『まれ』でブレイクした清水富美加なのだけど、映画ではブレイクしなかった。まあそりゃそうだよな。

■作・河原和音、画・アルコの同名少女漫画が原作。うおおお『バクマン。』みたい。当然未読だけどヒット作のようで。実年齢の半分以下の高校一年生役の鈴木亮平が、予告編を観ても面白そうだったので観ることにした。体重の増減だけじゃなくて器用な役者さんだと思う。『HK 変態仮面』でも高校生の役だったし。

■とても高校一年には見えないゴツい剛田猛男(鈴木亮平)は同じマンションの同級生のイケメン・砂川(坂口健太郎)と親友。ある時暴漢に絡まれた女子高生・大和凛子(永野芽郁)を助けた時に、猛男は大和に一目惚れしてしまう。だが、猛男が今まで好きになった女性は全部砂川のことが好きだったので、優しくしてくれる大和も砂川のことが好きだと思い込み、猛男の迷走が始まる。

■男が主人公なのは珍しいけど少女漫画の王道パターンだし、正直ストーリー的には結構一本調子のところはあるが、鈴木亮平の演技を観るだけでかなり笑える。この人やっぱり面白いわ。そしてヒロインの永野芽郁を観たのは初めてなのだけど、いかんこりゃ可愛いわ。16歳らしいのでおっさんが過剰に褒めると変態扱いされそうなので自粛。坂口健太郎は結構いろんな映画やドラマに出てるけど、売出し中なのかな。

■劇中の欅並木とかにどうも見覚えがあるなと思ったら、この映画のロケ地は仙台らしい。大部分の人には関係ない話だと思うけど、学生時代を過ごしたオレには懐かしく思えた。街並みは結構変わってるけどね。

■なかなか楽しい映画です。後で気づいたけど、監督は『映画 鈴木先生』の河合勇人さんだったのね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る