So-net無料ブログ作成

ジュラシック・ワールド [映画]

poster2 (1).jpg

『テッド2』と同日、2015/9/5鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年59本目の洋画31本目。『ジュラシック・パーク』から数えてのシリーズ4作目。『ジュラシック・パーク』は20年以上前(驚)に映画館で観た記憶があるが、2作目と3作目は観ていない。3作目の公開が2001年だそうだからほぼ15年ぶり。続編に頼らなければならないほどハリウッドのアイディアも枯渇しているのかとも思ったが、最新のCG/VFXの映像だとどうなっているのかと興味があり、観てみることにした。

■あらすじはまあ、第1作の焼き直しのような感じ。雑ですいません。第1作から22年後、スケールアップし「ジュラシック・ワールド」となった離島のテーマパークは多くの観客を集めていたが、遺伝子操作で作った新しい恐竜「インドミナス」が予想外の知性と凶暴さを持ち暴走を始め、ついでにパークのCEOその他がバカ過ぎるので、またもや人々を恐怖に陥れる。

■そこに立ち向かうのが、もと海軍軍人でパークの管理人オーウェン(クリス・プラッド)。そして当初は固い頭の持ち主だったパークの支配人クレア(ブライス・ダラス・ハワード)は徐々にオーウェンを理解し協力する。そこにたまたまパークに来ていたクリスの甥っ子二人と、恐竜から逃げながら対抗を試みる。

■クリス・プラッドはどっかで見たことあるなと思ってたら、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の主人公ピーターだったじゃないですか。ブライス・ダラス・ハワードは初見かなと思ったら、『スパイダーマン3』(最初の3部作)にグウェン・ステイシー役で出ていたらしい。あまり記憶ないけど。

■この映画はパニック映画の類なので、ストーリーが焼き直しだろうがなんだろうがあまり関係ないかも。やはり恐竜が襲い掛かってくるシーンとかはスリル満点で、こりゃ2Dじゃなくて3Dで観たほうが良かったかもと若干後悔した。夏休み(もう終わったけど)のイベント映画としてはいいかもね。MX4Dも迫力あるらしい。オレは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の2回目をMX4Dで観たのだけど、匂いやミスト、座席の揺れはいいとしても背中を後ろの客から蹴られるような感覚がイヤだったのでたぶんもう行かない。

■もうおっさんなので、というか若い頃からテーマパークは別に好きじゃなかったオレですが、もし実際にこういうテーマパークが存在したら行ってみたいかなとは思う。ただ、こんなバカな経営者がいるパークはごめんだが。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る