So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 [映画]

30f2eebf23db876a (1).jpg

■2017/7/9鑑賞@チネチッタ。今年58本目の洋画40本目。

■シリーズ物の前作をまったく観てなかったのに結構面白かった『ワイルド・スピード ICE BREAK』に続き、図に乗って今までまったく観ていない『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの新作を観に来てしまった。もともとの原作と言われる、ディズニーランドの『カリブの海賊』のアトラクションに乗ったことがあるかどうかは記憶が曖昧でございます。

■船長ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)は今は乗る船を持たない状態で酒を呑んで暮らす日々。そこに魔の海域の幽閉された父・ウィルの息子ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)が、ジャックの持つコンパスが鍵と聞き頼みに来る。そこでジャックに昔恨みを持つ「海の死神」サラザール(ハビエル・バルデム)も魔の三角地域から解き放たれ、ジャックとの決戦に向かうことになる。

■雑なあらすじですみません。でもまあ、観てもらえれば分かると思うけど飽きのこない展開で全然面白く観れる。そのへんはさすがディズニーと言うべきなのか。

■意外だったのが、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)が大活躍して話を前に進めるという訳ではなくて、ところどころ面白いことを言うだけの、主人公のくせに狂言回しのおっさんだったというところ。この映画を観た後に、シリーズの前作を観たことがあるという人何人かと話したけど、この映画でのジョニー・デップはそんな役割なのね。

■バックグラウンドをまったく知らないので、薄い感想で大変申し訳ありません。興収もいいようなので次回作もたぶんあると思うのだけど、観るかどうかは微妙。ジョニー・デップって胃もたれしそうなくらい濃いので。最近福山雅治と「スーパードライ」のCMで共演してるけど、あの眼のラインの黒さはやっぱアイラインなんですかね? まあどうでもいいですが。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ジョン・ウィック チャプター2 [映画]

360d36eb529548a5 (1).jpg

■2017/7/8鑑賞@109シネマズ川崎。今年57本目の洋画39本目。

■前作『ジョン・ウィック』が結構面白かったので観ることにした。まあまあ、キアヌ・リーブス出演の作品は好きである。有無を言わせぬ殺戮シーンの迫力。脚本が結構雑だった気もするが、それが逆に魅力になっていた点もある。

■前作の5日後(短い)から話は始まる。盗まれた車を取り返しに行き、(車はボロボロだったが)一段落ついた後、以前仕事を助けてもらったイタリアのマフィア・サンティーノ(リッカルド・スカマルチョ)が、組織の中で後継者になるために姉・ジアナ(クラウディア・ジェリーニ)の暗殺を依頼に来る。かねてジョンを助けたサンティーノは、その証である「誓印」を盾に迫るがジョンは断る。するとサンティーノはジョンの家に放火し全焼させる。しかたなく引き受けたジョンはイタリアに渡り、ジアナの殺害に成功するが、危機を回避しNYに戻ったジョンにサンティーノは手のひらを返し、「殺し屋協会」に、姉の敵として、懸賞金付きでジョンの殺害指令を出す。

■まあ今回もいっぱい人が死ぬわけです。邦画で言うと『アウトレイジ』的な感覚で。しかしそれにしても、いくらなんでも脚本が前回に増して雑すぎ。サンティーノの殺害指令が行き渡ったらNYのホームレスとか清掃作業員、公園にいる人とかが大勢殺し屋に変わってジョンを襲うシーンとか、まるでコントを見ているようで笑ってしまった。「殺人の美学」とキアヌ・リーブスのアクションを主体に楽しむべき、という声が多いけど、そのためにはもうちょっと脚本をきちんとしないとな、というのがオレの感想。

■ただ、殺し屋に追われ窮地に陥ったジョンの手助けをするのが、キング(ローレンス・フィッシュバーン)というキャスティングは『マトリックス』シリーズを想起させてちょっと胸熱。それ以来の共演なのかな?(間違ってたらごめんなさい)

■第3作も作られそうな感じではあるけど、この時間軸の続きだと観るかどうかは微妙。一作目の前の「チャプター0」が映画化されるのであれば観るかもね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ハクソー・リッジ [映画]

6d42b2b74ce0f397 (1).jpg

■2017/7/8鑑賞@109シネマズ川崎。今年56本目の洋画38本目。

■実は日本に関わる戦争映画は割合苦手で、まあまあ逃げていました。でもこの映画は何だか観ておかなければという義務感で観たわけです。後半のメインの舞台は「ハクソー・リッジ」で、実は沖縄の高田基地のこと。日本の宣伝陣はあえてそれを伏せた宣伝を行った。分かんないでもない。そしてロケ地は沖縄ではなくてオーストラリア。そりゃそうだ。「沖縄戦争のロケをやりたい」といって沖縄の人が納得する訳もない。

■アメリカ・ヴァージニアで育ったドス(アンドリュー・ガーフィールド)は、子供の頃に弟を傷つけてしまった経験と、宗教上の理由から戦いを放棄するというスタンスだったが、太平洋戦争で似た年齢の仲間が出陣していることを知り、国のために役立ちたいと思い陸軍に志願する。

■しかし銃を持たないドスは、上司や同僚からのいじめに合うが、認められ陸軍の衛生兵になる。そして舞台は1945年の「ハクソー・リッジ」に移る。敵は崖の上で、登った途端に銃を討たれ米軍兵は多数死傷する。そこを、銃を持たず味方の兵を衛生兵として救ったドスの話です。

■メル・ギブソン監督作品は久しぶりだけど、構成力があるので最後まで一気に観させてもらいました。戦闘シーンも迫力あるし。ただ日本人としては、もちろん映画の構成上しかたないんだけど、日本兵が台詞もほぼない単なるキ◯ガイ集団にされてしまったことが残念です。あと、ドスが陸軍で認められてからの「ハクソー・リッジ」の戦いまでがスパッと切られているのが残念かな。

■強く薦めはしないけど、観ておく映画ではあります。何だこの残尿感。

■主演のアンドリュー・ガーフィールドは『沈黙ーサイレンスー』に続き重厚な作品出演で、『アメイジング・スパイダーマン』で共演したエマ・ストーンも『ラ・ラ・ランド』で大ブレイクしたこともあり、いずれこの二人のフィルモグラフィから『アメイジング・スパイダーマン』シリーズが削除されるのを憂慮するわたくしではあります。はい。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ジーサンズ はじめての強盗 [映画]

391edc233fd2cf1f (1).jpg

■2017/7/2鑑賞@チネチッタ。今年55本目の洋画37本目。

■実はこの映画、最初は観るつもりではなかった。明らかに邦題が原題『Going in Style』無視だったからだ。しかし大学同期のW君が絶賛していたので観ておこうかなと。全面的に趣味が合うわけではないけど一定の信頼は置いているので(エラそうですまん)。

■オリジナルかと思ったらそうでもなかった。1979年公開の映画『お達者コメディ/シルバー・ギャング』のリメイクらしい。もちろん未見。

■ジョー(マイケル・ケイン)とウィリー(モーガン・フリーマン)、そしてアルバート(アラン・アーキン)は昔の会社の同僚。悠々自適の老後を過ごすはずだった。だが彼らが勤めていた会社が買収されて企業年金はチャラに。しかもジョーは銀行に騙されて不利なローンを組まされたという恨みもあった。そこでジョーは他の二人に銀行強盗をやって自らの負債を解消する計画を持ちかける。

■主演三人がオスカー俳優ということもあり、とにかく魅せるのだ。クライム・ムービーなんだけど、ところどころコミカルで、観ていて楽しい。結末にはもちろん賛否両論あると思うけど、これはこれでありだと思いたい。

■楽しかったです。あ、公的年金が充実している(とも言えないか)の日本と比べて、アメリカは企業年金が死活を決するというところは興味深かったけどね。

■最後まで観て、日本の配給会社が、「はじめてのお使い」的なこんな邦題を付けた理由が理解できた。この蛮勇に敬意を表します。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キング・アーサー [映画]

3cf07c290ea95281 (1).jpg

■2017/7/1鑑賞@チネチッタ。今年54本目の洋画36本目。

■ガイ・リッチー監督は前作の『コードネームU.N.C.L.E.』がすごく良かったので、正直言ってその続編を観たいという気持ちが強いけど、贅沢は言うまい。『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』も斧白かったしね。

■さてさて。これはイングランドに伝わる「アーサー王伝説」をモチーフにした映画みたい。(たぶん)中世のイングランド。国王ユーサー(エリック・バナ)の弟・ヴォーディガン(ジュード・ロウ)の反乱に遭い、妻とともに命を落とす。ヴォーディガンは魔物に魂を売っていた。幼い息子のアーサー(チャーリー・ハナム)は難を逃れるが、スラム街で娼婦たちに拾われ成長する。

■アーサーは自由気ままに生きていたが、ヴォーディガンはアーサーがまだ生きていることを知り追跡を始める。囚われたアーサーは岩に刺さったままの聖剣・エクスカリバーを抜くように命じられるが、誰も抜けなかったその剣をアーサーは抜いてしまう。そこからアーサーとヴォーディガンの戦いが始まる。

■ジュード・ロウ監督はテンポのいい演出で知られるしオレもそう思う。アーサーが幼少期から成長するまでは早送りのビデオみたいだし、それでいいと思う。でも何だか全体としての満足度は高くない。アクションシーンも盛り沢山なんだけどね。『ドラクエ』のようなRPGゲームで育った世代としては、聖剣エクスカリバーのインパクトがあまりなかったのも理由のひとつ。あ、これはオレが悪いのか。

■正直言って今ひとつの映画でした。チャーリー・ハナムを観たのは『パシフィック・リム』以来だけど。一応次回作は企画されてるらしいけどデル・トロ監督ではなく、チャーリー・ハナムも出ないとの噂。何とかしてよ。

■本編と関係ない話で大変申し訳ありませんでした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

忍びの国 [映画]

DDphTY4U0AA78zV (1).jpg

■2017/7/1鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年53本目の邦画18本目。

■ちょっと気になったので観ることにした。原作は和田竜さんの同名小説。未読。しばらく前にオレの故郷である瀬戸内海を舞台にした『村上海賊の娘』がベストセラーになったことで知ってはいたけど。もともと脚本家として世に出た方らしい。

■実話ベースらしい。史実としては「天正伊賀の乱」がそれに当たるようで、大名のいない忍びだけの里、伊賀と織田軍の戦いの話。

■天才的な技術を誇り、自称「伊賀一の忍び」の無門(大野智)。しかしサボり癖があり日銭を稼ぐので精一杯。大言壮語を吐き他国から連れてきた嫁・お国(石原さとみ)には頭が上がらない。そんな中、伊賀の中の小競り合いで金で頼まれた無門は、相手方の棟梁・下山甲斐(でんでん)の次男・次郎兵衛(満島真之介)を殺してしまう。長男の平兵衛(鈴木亮平)は憤り、父に敵を討たせてくれと頼むが、「長男がいればそれでいい」と取り合わない。

■実は伊賀の里は、金のためなら裏切りや人の命など大したことではない、という「虎狼の族」という人でなしの集団だった。平兵衛は怒り里を出る。そこに全国統一を狙う織田信長の息子・信雄(知念侑李)が率いる織田軍が隣国までやって来て伊賀を狙う。平兵衛の内通で織田軍は攻め入ろうとするが、戦をしたくない無門はお国を連れて逃げようとする。

■飄々とした大野智の演技中心の予告編でコメディかと騙されていたが、結構ダークな時代劇である。特に前半は笑える部分満載でもあるので、ミスリードとは言い切れない。あと、VFX使いまくりではあるけどアクション(殺陣)も結構飽きさせない。大友啓史監督の『るろうに剣心』シリーズとはまた違った、リアリティよりも娯楽性重視という殺陣かな。

■観た日が公開初日だったので、最近流行りの舞台挨拶中継が上映前にあった。その中で鈴木亮平が「普通の殺陣は相手の攻めを受けてから返すのですが、大野くんの場合、僕の攻めとか関係なしに一連の殺陣がダンスの振付みたいなんですよね」という話が。その後本編観てもそう思った。面白かったけど良くも悪くもジャニーズと言うことか。

■結構面白かったし、実際公開後の興収ランキングも2位→3位なんでヒットと言っていいと思います。上には書いてないけど織田軍の武将役の伊勢谷友介も良かったし。ただ、織田信雄役の知念侑李の演技がとてもイマイチでそこはかなりマイナスでした。ジャニーズ事務所も、あまり資質のない若手には無理して芝居させない方がいいんじゃないかと思うけどね。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

夜に生きる [映画]

e624df5cabf6ba82 (1).jpg

■2017/6/11鑑賞@チネチッタ。今年52本目の洋画35本目。

■ベン・アフレック、監督作としては『アルゴ』以来の作品。ポスターには「アカデミー賞監督」って書いてあるけど、厳密に言うと『アルゴ』は作品賞で、ベン・アフレックが監督賞を獲った訳ではない。まあいつも作品賞と監督賞の違いにはモヤモヤするけどね。2017年の『ラ・ラ・ランド』然り。ちなみにベン・アフレック自身は個人としては、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(マット・デイモンとの連名)でアカデミー脚本賞を受賞しております。弟のケイシー・アフレックも『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー主演男優賞を獲ってるし、才能あふれる一家なんだろうなあ。

■さてさて、最近は加齢か役作りか分からないけどかなり恰幅が良くなってきたベン・アフレック先生。バットマンなんて、前任のクリスチャン・ベイルの方が全然スレンダーだったよ。そのせいかどうか、前回観た『ザ・コンサルタント』に続き今回もアウトローの役。オレもベン・アフレック好きだよねえ。

■クライムノベルが原作の映画。禁酒法時代のボストンの話だから昔の話。警察幹部の父の許に生まれたジョー(ベン・アフレック)は父に反発してギャングになる。ある時対立組織のボスの情婦・エマ(シエナ・ミラー)と恋に落ちジョーの人生は大きく変わる。ジョーは罠にはまり逮捕されるが、出所後、別の組織から認められて、麻薬の販路開拓のためフロリダ・タンバに移る。そこで運命の女性・グラシアス(ゾーイ・サルダナ)と出会うが。

■とにかく話のテンポがいいので飽きさせない。製作費も結構掛かってるんだろうな。クラシックカーのカーチェイスなんて初めて観たよ。さすがにぶっ壊してはなかったけど。もちろんネタバレはしませんが、クライム・サスペンスの映画なので最後まで二転三転して、かなりハラハラした。

■面白かったです。この映画も、もう上映終わってると思うので大変申し訳ございません。でもやはり、ベン・アフレックは監督としての才能はあると思うので、しばらく俳優業は休業して監督に専念されたらいい作品が出てくるのではと。たまに『DC・エクステンデッド・ユニバース』のシリーズにバットマンとして出て一息つくとかね。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

20センチュリー・ウーマン [映画]

32f5c5d659e33cf8 (1).jpg

■2017/6/11鑑賞@109シネマズ川崎。今年51本目の洋画34本目。

■最初にヨタ話を。オレがこのブログを書いている最大の目的は、衰えつつある自分の記憶の補完です。どんないい映画を観てもメモがなければ、ほぼ自分の記憶は残念ながら薄れていく。画像もそうですね。昔はスマホもデジカメももちろんなかったので、写真を残すには今よりもハードルは高かったんだけど、高校生の時には親に買ってもらったフィルムカメラを持っていた。でも20代くらいまでのオレは、「写真に撮らなくても本当に大事な画像は心のファインダーに残るはずだ!」というアホみたいな思い込みがあってあまり写真を撮らなかった。でもね、「心のファインダー」なんてフォルダはあっという間に壊れるんですよ、と今なら若いオレを説教したい。

■二つ目の目的は、自分が観て面白かった映画を人に薦めたく、感動を共有したいから(いや、ボロクソに書いてる映画も結構ありますが)。だからなるたけ映画を観たら感想を早めにアップするようにしていたのだけど、最近は諸般の事情でかなり遅く、この映画なんて書いてる現在では上映館がほぼない。しかも公開ちょっと後なのでDVDとかで見てとも言えない最悪のタイミングです。全然目的に合ってない。

■閑話休題。1979年のアメリカ・サンタバーバラ。高齢出産をしたシングルマザーのバーシア(アネット・ベニング)は15歳の一人息子・ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育方針に困っていた。バーシアの家に寄宿するパンクな写真家・アビー(グレタ・ガーヴィグ)、便利屋のウィリアム(ビリー・クダラップ)、そしてジェイミーの幼馴染で、ジェイミーが密かに心を寄せているジュリー(エル・ファニング)の助けを請う。主に彼らをめぐるひと夏の物語。

■主人公のバーシアの年齢は55歳で、今のオレの年齢と似通っている。そしてオレは1963年生まれなので、ジェイミーの年齢設定とほぼ同世代だ。あまり予備知識を持たずに観に行ったので、冒頭でそれが分かった時点で「これはのめり込むかも」と思ったのだが、結果的にそうでもなかった。考えてみたら当たり前の話で、同じ1979年と言えど、サンタバーバラと日本の四国のど田舎では環境が違い過ぎる。

■なので、あまりのめり込んで観ることはできなかったが、時間を置いて再見したい気も。これ書いてる時点で映画館での上映はほとんど終わってしまったので、いずれレンタルででも。上手く言えないが、親しみは感じられなくても「たまに親戚の寄り合いとかで会う、あまり気が合わない従兄弟」くらいの微妙な親近感がある。

■劇中で繰り返し流れる『As Time Goes By』の支配力も凄いものがある。というより、オレの脳内で『カサブランカ』の支配力がいまだに強いということなのかも。

■ハマる人はハマる映画かなとも思うので、機会があればぜひ。もう映画館でやってなくてすいません。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

パトリオット・デイ [映画]

640 (1).jpg

■2017/6/10鑑賞@チネチッタ。今年50本目の洋画33本目。

■実話ベース。2013年のボストンマラソンで起こったテロ事件で、たまたま警備に当たっていた本来は殺人課の刑事・トミー(マーク・ウォールバーグ)と、FBIを始めとする警察関係者が事件の謎を解き明かし、解決に至るまでを描写している。

ドキュメンタリーのような描写で、話は淡々と進む。特別な仕掛けもトリックもない。この映画の場合、それはたぶん正解なんだろう。役者陣も熱量があまり入り過ぎないという感じの好演。かなり制作費もかかってるようだしね。でもまあ、日本ではあまり当たらなかったみたい(ほぼ1ヶ月後に書いているのですいませんすいません)。

■ひとつには日本での宣伝コピーのミスリード。「最大の危機は、最大の奇跡を生むー」。映画を観てもらえば分かるけど、犯人逮捕に至るまでの過程で奇跡は起きてない。担当の捜査官たちの地道な捜査が結果に繋がっただけだ。

■そして、どんなに周到に法律等で準備していても、テロは絶対に防げないという悲しい現実。日本で共謀罪なるものが成立したところでテロが起きる確率が下がる訳でもなんでもない。もっと時間を掛けて根幹のところを掘っていくしかないという話。それでも解決できるかどうかは闇の中。

■あ、映画自体はまあまあ面白いです。スカッと、という訳には行かなかったけど。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

22年目の告白 -私が殺人犯です- [映画]

4ea66c595edab72b (1).jpg

■2017/6/10鑑賞@109シネマズ川崎。今年49本目の邦画17本目。

■オレがこの映画を観たのは公開初日で、ブログを書いてる現在は6/29とかなり後(すいません)なんだけど、正直ここまでヒットするとは思ってませんでした。鉄板の興収を誇った『美女と野獣』を破って興収成績堂々のV3である。主演の藤原竜也の熟女系受けの凄まじさは、昨年の藤原主演の『僕だけがいない街』の舞台挨拶を観ていたので痛感していたのだけど、まさか理由はそれだけではあるまい。ここまでのヒットは制作側も予期していなかったのではないか。

■オリジナルかと思ったら、2012年の韓国映画『殺人の告白』のリメイクらしい。未見。

■5人の連続殺人事件は時効を迎え(殺人事件に時効が廃止されたのはその後)、当時担当していた刑事・牧村(伊藤英明)は同居していた妹・里香(石橋杏奈)がその後行方不明ということもあり、忸怩たる思いを抱えていた。そこに真犯人と名乗る男・曾根崎(藤原竜也)が突如記者会見を行い、手記を出版するという。身内を殺された遺族たちは様々な反応を見せる。そこに、この事件を追うことで知名度をあげたTVキャスター・仙堂(仲村トオル)は曾根崎を生放送に呼び、真相を究明しようと目論むが。

■あらすじはここまで。サスペンスなのでトリックがあるのですが、これをネタバレすると映画の面白味が多分半減するので、さすがに書きません。面白かったんだけど、ネタバレの後はやや単調で若干失速気味。そこがちょっと残念だったかな。

■入江悠監督は、『SR サイタマノラッパー』シリーズで知名度を得た人。でも今作は持ち込み企画らしい。構成力とセンスが抜群にいいので『ジョーカー・ゲーム』のようにメジャー作品の頼まれ仕事も結構あるようだ。『SR サイタマノラッパー』のヒットの後は、これで食えると思って東京に出てきたが、金回りに困って結局実家の埼玉に戻ったという哀しいエピソードもある。今はそんなことないと思うけど。

■おそらく、ちょっと前までテレビ東京でやっていた深夜ドラマ『SR サイタマノラッパー 〜マイクの細道〜』とかが入江監督が本当にやりたいことなんだろうな。でも映画業界は入江監督の企画には乗らず、彼の構成力とセンスだけを使いたくて持ち込み企画を持ってくる。なので、入江監督自身が企画している次回作にはスポンサーが付かず、制作費をクラウドファンディングで求めているそうだ。映画業界の闇もあるなあ。あ、映画自体は十分な娯楽作です。

■ネタバレを少しだけ。故・野沢尚さん脚本の名作ドラマ『眠れる森』にヒントが。まあ、だいたいの人は分からないと思うので、ネタバレとしてはセーフかな。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -
メッセージを送る